【プロの目】トレードは多数決!意識されやすいポイントとは?



稼ぐために手法が必要な理由

次のターゲットまで伸びしろがあるか確認しよう

皆さんお早うございます。ちゅーとちゃでございます。

本日は3月5日火曜日ですね。今9時49分です。

今日はいい天気です。昨日まで雨降っていて日曜日とか寒くて。

まあ今日の朝も寒くてなかなか布団から出られなかったんですが天気はいいですね。

外の方が暖かいって感じです。

早速ですが昨日月曜日のチャートの話でもしようかなと。

線が増えてきましたね。昨日もこういう感じで月曜日始まって、まぁ月曜日の前半戦っていうのは不安定なので基本的に私はやらないです。

どっちにしろ普段から夕方からしかやらないんで、元々月曜日の朝っていうのはやらないです。

月曜日の窓開けを狙ったトレードをしている人もいますけど私はあんまりそういうのやらないので夕方までトレードしないです。

夕方…これぐらいの時間ですかね。見たらこういう感じになっていて…まぁ一応1時間足で目立つところって言ったらここかなあと。

ちょっとね1週間前のレートですし、どうかな微妙だなーと思ったんですがこの中…直近の下方向で目立つところって言ったらこのヒゲを見てる人が多いんじゃないかな~と。

合ってるかどうか分からないですけどね。

いつも話してますけど飽く迄も私がそう感じたってだけです。

もしかしたら皆さんの方が環境認識とかそういうのを正しくできるかもしれないので、そこは参考程度に聞いて頂きたいんですけど。

私はこの辺が次のターゲットかなぁと思って見ていましたと。

なのでここまでは伸びしろがあるなということですね、つまり。

で、その伸びしろまでの距離をショートで獲ろうかなと。

伸びしろまでまだ距離があるのでショートで獲ろうかなと。

って判断したら、もう1時間足に用はないですよね。

で、15分足を見て自分の手法ノートを見てそこでショートしようかな~って考えたと。

まあ結論から言うと昨日は思惑通りその直近のターゲットまで行ったんですが、まぁちょっとタイミングが合わなくて私は昨日のユーロドルはノートレということになりました。


方向性が分かっていることと稼ぐことは違う

ちょっと5分足に切り替えてみましょうか。

まぁノートレかな。今考えても。これは難しいっすよ。

ブレイクアウトとかでこういうところでショート…ブレイクアウト手法を使ってる人はこういうところでショートってやれば取れるんですけど、難しくはないんですけど。

ただ私の手法で取るのは難しかった…私にとっては難しかったっていうだけの話です。

方向は下っていうのはもう明らかなんで…っていうとちょっと未来が見えていたのかっていうアレで語弊があるんですけど。

まあ自分はここまで…ここを抜けた時に次はここまで伸びるだろうって想定していたので。

大局は合っていたけど稼げなかったってやつです。

トレードの難しいとこってここにあるんですよね。

大きな流れ…大局は分かるんだけどタイミングが上手く取れなくて儲けそびれたとか損切りになってから伸びたとかいうのがあるんで。

たとえ未来が読めたとしても勝てるとは限らないですね。

100%確実に行くっていうのが分かってたら損切りしなければいいだけなんでアレなんですけど。

我々は勝率6割とか7割とかそういう世界で生きているのでやっぱり損切りはちゃんとしなきゃいけない。

そのためには少しでも短い足を見て少しでも有利な場所で入らなければいけないのでなかなか難しいんですよね。

で、私のように昨日ノートレだったっていう人がいたら「私と一緒です」と。

落ち込む必要はありません。入れなくていい。損しなかっただけ良かったと思ってください。


信憑性の高いライン・低いライン

値幅が小さく方向感のない相場への対処法

次はドル円ですね。ドル円は先週の後半で一気に…一方的に随分伸びましたね。

で、伸びた後に上でモニョモニョやっていると。

方向感が短期足に切り替えてもなんかレンジが…レンジというか値幅が…(笑)

夕方チャート見たらその日のボラティリティが20pips…25とかそれぐらいしかなくて、ちょっとこりゃないなぁ~と。

もうちょっと動きが明確になってからじゃないとどっち行く分からない…という感じですね。

今~なんかこう…誰も今どっち行くか分からないっていう状態ですよね。

これはちょっとね…もうちょっと大きい、力強い動きが欲しいんですよ。

昨日はちょっとここでニューヨーク時間に力強い動き出たんですけどちょっと中途半端で。

もうちょっと力強い動きが出ていたら、私のアレで言うと23ページですか。

23ページのA03でも使ってやろうかな…と思ったんですけど時間が遅かったですし。

その日終わっちゃいますし。こんなところでショートしても…ちょっと商い薄ですしアジア時間に入ってしまいますし、ちょっと遅いかなと。

もっと早い時間に…夕方ぐらいにコレがドンと出てくれたら23ページの手法を使ってたんですけど。

ちょっとタイミングが合わなくてドル円も昨日はノートレでしたね。


自分に合ったトレードスタイルを

私よりも短い時間足を使ってトレードしている人は、特にユーロドルなんか。

他のポンドドルとかやってる人はたぶんもっとトレードチャンスがあるのかも知れないんですけど。

私はトレードチャンス少なくていいんで。今更ガンガントレードする気はないので、こういう緩いトレードしているだけなので。

もっとトレード回数を増やしたいな、経験を積むっていう意味でももっとトレードチャンス増やしたいなぁという人はもうちょっとボラの高いポンド系をやったりとかしても良いと思います。

あの私と同じ通貨ペアをやる必要はないので。私はご覧のように結構緩い、ノートレの日が結構あったりとか、ゆる~いトレードやってるので。

昔はもうちょっとトレード回数多かったですけど、今はもうスローライフに徹しているので。

だからこうなってるだけなので同じトレードしなくていいんですけど。


トレードは多数決 意識されやすいポイントとは?

ちょっと暇潰しにドル円の週足でも見てみましょうか。

三角保ち合いで、このトレンドラインで…このヒゲ…これはあれですね。年明けの長ヒゲですね。

年明けのみんなが大騒ぎしていたこの長ヒゲも週足で見ればこんなもんだと。

針の先っちょみたいな。それでも350pipsぐらいありますけどね。

これ1日の動きですからね。凄いですよね。

で、ヒゲでこのトレンドラインをちょんと騙して長ヒゲでダマシて上に行ったってことですね。

で、後はここを抜けるかどうか…って感じですね。

トレンドラインって人によって引く場所が違うのであんまり信憑性高くないんで私はあんまり使わないんですけど。

たまに相場の流れとか勢いとかの変化を見る意味でトレンドライン引いたりするんですが、基本的には水平線しか使わないです。

こういうところですよね。いっぱい意識されているのこの辺ですよね。

114.5とかその辺ですかね。114円とか114.733さんとか115円付近ですかね。

115円のちょっと手前付近でなんかこう分かんないですけど1・2・3・4って止められてますね。4・5か。

結構止められてますよね。

こっちのレートの方がこういうトレンドラインよりは意識されるんじゃないかな。

どっちにしろ、トレンドラインにしろ水平線にしろこの辺に何か注目が集まっていることは間違いないですよね。

線をたくさん引いて線が重なっている部分はやっぱり意識されやすいと思うので。

多数決なんでトレードって。

なのでこの辺で何か起こるかなぁ…そんな感じです。

何か起こるかなぁ…って言っても何が起こるかまでは分からないんでそれは事実を確認しながら丁寧に一つ一つやっていくだけなんですけど。

ということで今回はちょっと短めですがチャート解説はこのぐらいでいいですかね。

1日分のチャート解析だからあんまり話すことがないんですよね。

あと明日また私朝から出掛ける予定なので次のチャートは2日分纏めてお話するかも知れないです。それか夜お話しします。

それではまた次回お会いしましょう。




ちゅーとちゃの手法&ルール全て

最も効率よくプロのスキル&相場観を身に着けるメソッド。

【期間限定】ちゅーとちゃオリジナルのEA469本が無料!パンローリングの本100冊分の手法/全ロジック公開

パンローリングの本100冊分の手法が盛り込まれています。無料でゲット出来る期間限定キャンペーン実施中!

無料書籍をゲット

無料で配布しているトレード本を見つけたので紹介しておきます。サンプルもあります。