【手法B02】逆張りは勝率が高い/あなたは大丈夫?チャンスを逃してしまう人が無意識にやってること/金曜日はちょっと特殊なので気を付けよう



逆張りトレーダー独壇場の相場環境

たまにやるから面白い

おはようございます。ちゅーとちゃでございます。

現在は2月23日土曜日8:48です。

今朝は寒くて早く起きれなかったです。

昨日、ちょっとだけですけど遅くまで―――まぁそれでも23時ぐらいですけどね―――ペルソナ5と言うゲームをやってました。

もう1年ぐらい前に買ったゲームなんですけどインストールだけしてやってなくて。

ようやく重い腰を上げて、「久しぶりにゲームでもやってみるか!」と。

ロールプレイングゲームって長いので、なかなかやろうって気にならないんですよ。

買うときはワクワクしてるんですけど、買うとそれだけで満足しちゃうみたいな。

まぁたまにはいいかなと。ゲームばかりやってるとIQ下がっちゃうんで。

でも、たまにやるとやっぱ面白いですね。

朝9時ぐらいから―――昨日動画撮った後からぶっ通しでやってました。

幼稚園バスのお迎えから帰ってきて5分ぐらい遊んで。

子供は最近自分でノートパソコン立ち上げて好きなyoutube番組観てキャッキャキャッキャやってくれるので。

PCの前でYouTuberの真似して踊ったり歌ったりしています。

なので「シメシメ…今がチャンス…」と思いながらゲーム専用ルームに―――映画とゲーム専用の部屋(7.1ch完備)があるんですけど―――そこに引き篭もってました。

悪い親ですよね(^-^;

お尻が痛くなっちゃいました。ずっと座ってたので。


相変わらずレンジ相場が続いています

と言うことで昨日のチャートの話でもしましょうか…と言っても私が自分でやっているユーロドルとドル円のお話しか出来ませんけど。

先週の…今週と言うのかな?直近3日間はずーっとレンジでしたね。

逆張りトレーダーにとっては非常にやり易かったんじゃないかと。

値幅は小さいですけどそこはまぁロットで調整すれば少ない値幅でも金額は出せるので。

「勝てば」ですけど。

今ユーロドルの1時間足を表示してますけど…もういいですよね。

典型的な、とある場所―――過去の動画で言っちゃってますけど―――でのレンジ。あるあるですね。

で、ドル円の場合は調整とでも言いましょうか。

結局111円には到達しませんでしたね。

111円に行こう行こうとしてますけどなかなかエネルギーが足りずに…と言うことで結果的にレンジが続いていると。


チャンスを逃してしまう人がやってること

これが続いている限り逆張りで攻めることになるんですが、「そろそろレンジ終わるだろう」とかそう言う「だろう運転」って言うんですか。

「予想はよそう」って前にも言ったかも知れないんですけど。

そう言う「予想」とか「だろう」とかで「ギャンブル」でトレードしないでください。

事実に基づいて、今レンジなら素直にレンジの手法を使うと。

「そろそろレンジ終わりそうだからここは見逃そう」

みたいに上手く立ち回ってやろうとするとチャンスを逃したりして…

で、チャンスを逃すと今度はメンタルやられて…

既に目線が変わってたりトレンド変わってたりするのに、流れが変わってたりするのに気付かず最初の認識に固執して…

トレンド出てるのにいつまでも「逆張り!逆張り!逆張り!」ってやって大連敗して資金フっ飛ばして「畜生(゚Д゚)!」ってなると。

事実に基づくって言う…一貫性を持つってことですね。

いつも言ってますけど、それが一貫性を保つってことなので。


典型的な大衆トレーダーがやってること

「そろそろレンジ終わりそうだな~」

って思うのはいいんですけど、思っても行動を変えちゃダメです。

トレンド中も「そろそろトレンド終わりそうだなぁ」って思うだけにしておくこと。

考えてみて欲しいんですけど、例えばドル円がひたすらガーってこう一直線に下がっているとするじゃないですか。

で、何の根拠もないのに大衆トレーダーって言うのは

「もうここまで下げたんだからそろそろ上がるだろう!ロング!」

ってやるじゃないですか。

どう思います?客観的に見て。

「あぁ…」って思いますよね?それと同じってことです。

値頃感ってやつですよ。

値頃感でトレードするのはド素人のやることって言うのは私のブログの読者であれば分かると思うんですけど。

そんなことしている方は居ないと思うんですけど。


予想と心構えは違う

レンジが続いたから「そろそろレンジが終わるだろう」とかトレンドが続いたから「そろそろレンジ入りするだろう」…

って思うだけならいいんですよ。

予想して心構えをしておくのはいいことなんですけど、それを見越して、自分の予想が当たってる前提でトレードをしてはいけないと言うことです。

身構えとくのはいいんですけど。臭いを早く感じるために、察知するために…「そろそろ終わるんじゃないか?」って思いながらチャートを観察するのは。

まぁバイアス掛かっちゃうんでフラットな状態で観察するのは難しいんですけど。

先入観のある状態で見るとそう見えちゃうんで。

そろそろレンジが来るだろうと思ってチャートを見るとチェリーピッキングみたいなことになって

「あ!これはレンジ入りの兆しじゃないのか!?」

みたいな感じでバイアス掛かってるからそう言う風に見えてしまうってことがあるので。

その辺は自分がそうなってないことを意識しておく必要があります。それも裁量の一部ですね。


曜日によるアノマリー

環境が同じなら使う手法も当然同じ

と言うことを踏まえて、ドル円、ユーロドルはもうレンジでいいですよね。

ユーロドル、昨日のチャートを見ると…

線をあんまり描くと手法バレちゃいますけど、こう言う所で…

え~と同じです。環境が同じってことは使う手法も同じなんで。

前の動画と同じで27~28ページの手法28ページのでB02と言う手法を使うと言うことです。

ただまぁ目標まで到達してないんで利益確定出来たかどうかは分かりませんが。

どこにリミットを設定したかに依るんですけど、直近高値であれば獲れたでしょうし、もっと伸ばそうとしてこの目立つ高値に設定していたらちょっと届かずに行って来いになって…

まぁ金曜日なんでね。ここから先は伸びしろがないのでこの辺で時限クローズみたいな感じで。


金曜日はちょっと特殊なので気を付けよう

これね、クローズする時間があまりギリギリだと危ないんで。

流動性が下がって来たり、通信(ネット)が出来なくなったりとか。

証券会社によってはクローズする時間が違いますし。

もちろんそんなのはチェックしておくべきなんですけど。

最後の方って何が起こるか分からないんで、あんまりギリギリまで保有しない方がいいです。

少なくとも日本時間の深夜3時ぐらいまでには閉じといた方がいいかな。金曜日はね。

そう言う意味で金曜日ってちょっと特殊なんですよ。

金曜日はエントリーするならニューヨーク始まる前とかがいいんじゃないかなと。

「私個人的に」ですからね。あんまり「ちゅーとちゃがこう言ったからそうしたのにダメだった」とか言われてもアレなんで(^^ゞ

もうマーケットが閉じるのにエントリーしたって伸びしろがないじゃないですか。

まぁ伸びることもありますけど。最後になんかあって。

「基本的に」の話をしてるんでね。


逆張りは勝率が高い

ドル円の方もいいですよね。ちょっとギリギリ届いてないかな。

28ページの手法を使うとギリギリ届いてないかな。

一応超えてはいますけどスプレッドがあるんで入れてない可能性もあります。

あと証券会社によっては若干データがずれるので入れてないかも知れないですね。

あとこの28ページの「これとこれ」をどこに定義するか?ですよね。

前々日を入れるのか前日だけのでやるのか。

それは自分で決めることなので、どっちがいいとかないですね。一長一短あるので。

早ければストップに引っ掛かる確率は上がりますし、その代わりエントリーしそびれる頻度は減りますしね。

で、もし入れてたとしたら目標までいけたんじゃないかなと。

もう金曜日終わるんで。もっと早めに閉じちゃってもいいし。

値幅は狭いですけどね。その代わり―――昨日も話しましたけど―――それと同じかそれより小さいストップ置いていれば―――

少なくとも1対2ぐらいの、悪くても1対2ぐらいのトレードは出来たんじゃないかなと。

1対1でもいいですよ。逆張りは。勝率5割を超えるんで。

超えるんでって言い切っちゃうのもあまりよろしくないですけど。

レンジ逆張りの方が勝率いいってのは私に限った話じゃなくて当たり前の話なんで。

相場の7割はレンジですし。


乞うご期待

と言うことで昨日のチャート解説は以上ですかね。

今週は逆張りの週だったと。

だから1つの手法でピンピンピンといけたんじゃないかな。

水曜日はちょっと乱高下したんでここは様子見するところですね。

トレンドか?レンジか?って言うのが決まるまで。

マーケットが「これからどうしようか?」みたいに考えあぐねている場所なんで。

まぁやってる人もいるでしょうけど。使って手法によって違うのでなんとも言えないんですけど。

と言うことで、今週のチャート解説動画は以上です。

また来週も頑張っていきましょう!

それではまた~