【プロの目】逆張りが最も機能する手法



こんな感じで丁寧に可能性を潰していけば優位性はどんどん高まる

浅草いいとこ一度はおいで

みなさんおはようございます。今日は3月2日土曜日でございます。

現在は朝9時40分…動画を撮ろうと思ったら妻が掃除を始めてしまいまして…

ちょっと掃除機が音が入ってるかも知れませんが…今2階を掃除していて。そのうち下に降りていくと思うんですけど。

一応ドアは閉めてるんでそんなにうるさくはないと思いますがご了承ください。

個人的な話なんですが昨日は幼稚園が休みだったので子供と一緒に浅草へ行ってまいりました。

花やしきって言うこじんまりとした遊園地があるんですけどそこに行ってきまして。

朝から晩までずっと浅草一帯にいたのでトレードしてないんですが一応チャートのお話をしていこうかなと。

昨日はしゃぎ過ぎて喉が枯れちゃってます。


こんなところで押し目買いしてませんよね?

早速ですがユーロドル木曜日のチャート。

火・水と掛けてチョンチョンとWトップ付けてこの節目を木曜日抜けましたと。

抜けまして行って来いになりました。抜けたときよりも更に強い勢いで。

15分足に切り替えましょう。

抜けました。抜けましたがそれよりも更に凄いスピードで落ちてきた。

はい。行って来いでございますね。

基礎講座の12ページとか13ページをご覧下さい。

はい。ここを学習されている方はこう言うところで押し目買いしてないですよね?

と言うのが1つ目のお話です。


これが私の思考プロセス

私もその前の日、水曜日のこの辺でロングして直近高値のこの辺で—-モヤモヤっと言いますけど—-この辺で利益確定したので木曜日は結局トレードしてないですね。それ以降は。

で、金曜日はお出掛けしていてトレードしてないので。

もしトレードしていたとしたらユーロドル節目を超スピードで行って来いになって…こっち線引いちゃってますけど(笑)

ロングしてもいいんですがその時にチャート見てなかったので後からだったら何とでも言えるのでアレですけど。

もしやっていたとしたら環境認識的には上昇トレンドが一旦は終了…じゃないんですけど少なくとも調整には入る。

かと言っていきなり上昇トレンド始まるかな?って言う…

こんな感じで2回も節目を抜けた直後にいきなりトレンド転換して下落になるって言うのは無くもないんですけど考えにくい。

可能性としては低いので、だったら上かレンジかって言う風になりますよね。

その上って言うのはこの行って来いでちょっと否定されたので、「じゃあレンジに入る可能性が高いな」と。


消去法:「下がらなければ上がる」と言う考え

こんな感じで様々な要素を消去法で消して行って「レンジになるかな」と言うのが認識できたら…

かと言ってトレンド転換って言うのはなく目線は取り敢えず上なので、まだ。

何故かと言うと上ってきてレンジに入って上ってきてレンジに入って…ってレンジに入る前が上りじゃないですか。

これは私の手法とか関係なく一般的に言われている教科書通りのお話なので特別なことじゃないんですけど。

節目を抜けて下から上って来て入ったレンジはどちらかと言うとロングの方が優位性が高いって言うのはいいですよね。

だからと言ってショートしちゃいけないと言うことじゃないですが。

値幅が大きければ。こう言うところなんか値幅が大きいですからね。60pipsとか。

大きいので状況によっては上限でショートしてもいいよ…無理にやる必要はないんですけど。

トレードを厳選したいと言う人はロングだけを狙う…でもいいですけどね。

その代わりトレード回数は少なくなりますけど。

それはいいんですよ。トレード回数を絞るって凄く良いことなんで。

大衆とは逆のことをやってると言うことにもなるし。

それが出来る人って実は凄く強いんですよ。我慢が出来る人ってことなので。

ノートレが続いても我慢が出来る。

トレードしてないと不安になっちゃうって言うのが大衆心理なので、それの逆を行くって言うのはそれだけでも実は優位性なんですよ。

なのでそれは間違ってないです。


トレンド転換も種類は2つ

28ページの手法でドテン

と言うことを踏まえれば金曜日はね、ちょっと信じられないかも知れないですがこう言うところでロング—-

28ページとかその辺の手法を使って入れたのではないかなと。

目標に達してますからね。達している所じゃないですけどね。はみ出ちゃってますんで。

はみ出てから反対側の目標に、下限まで近付いて来ているのでバチンとやってもいいかなと。

ただバチンとやるんだったら28ページの図の下に—-ちょっとちっちゃい字ですけど—-勝率について色々書いてありますのでこう言うことを踏まえて、考慮した上でね。

バチンとやるならこう言うことをちゃんと頭の片隅に入れておきながらやりましょうと言うことですね。

勝率100%は無いですから。

それがイヤならB01、B02とかの手法を使うと。

B01だったら金曜日はここでロング出来ないですけどね。

1分足とかにすれば、無理やり短い足にすれば形成しているかも知れませんが…

でもちょっと美味しくないですね。かなり進んでから入ることになるのでR倍数は下がりますよね。

その話も28ページの図の下に書いてありますよね。

確認してから入るのとバチンとやるののメリットとデメリット、つまりトレードオフの関係にあるって書いてありますよね。

この辺はもうあちこちで散々言っていることなので大丈夫かと思います。

後はレンジと言うこともあったり、金曜日と言うこともあったり…って考えると…

金曜日の後半は結局月曜日の始値に収束するかな?とか。

月曜日のこの前半でポジションを仕込んだ人たちが週末にポジションクローズしなきゃいけないから…

ということで月曜日の始値に回帰していくって値動きがたまにあるんですよ。必ずじゃないんですけど。

特にこういう方向感のない相場環境になってきた場合トレンドが出てない、もう終わったっぽいなって言う相場環境の場合。

例えば火曜日に抜けたこの値幅と木曜日に抜けたこの値幅の差が段々縮まってきていて、抜けが浅くなってきていて、押しが深くなってきて…っていうパターンですよね。


逆張りが機能する手法

私のブログに「トレンド転換も種類は2つ」みたいな記事があるんですけど。

このカテゴリーの中に「逆張りが機能する手法」みたいな。

これの真ん中辺にこういう図が描いてあって、このチャートパターンが意味するところは上昇圧力が弱まっている…

「そろそろガス欠ってことだな」ってありますよね。

この図って元々MACDというインジケーターをdisる時に使った図なんですけど。

MACD使っている方は多分ダイバージェンスがどうのとかなんか色々…

MACDだけじゃなくRSIとかストキャスティクスとかのオシレーター系を使っている方はそういうのを気にしていると思うんですけど。

ローソク足にするとこういうパターンってことですよね。分解すると。

そこいうパターンが直近1週間のユーロドルで起きていたと。


オシレーターもダイバージェンスも不要

抜けが2回…たった2回の話ですけど。もう1個前から行くとここから始まるんですけど。

40pips抜けた。30pips抜けた。で、最後は15pips抜けた…って段々浅くなってますよね。

抜けた後の押しも…最初これだけ押して、次…抜けに対する比率ですよね。

この抜けに対してこれだけ押した。で、次はちょっとしか抜けてないのにこんなに押した…

って感じで段々ね。分かりますよね。

オシレーター系のインジケーターなんか要らないんですよ。

ローソク足だけ見れば上昇圧力が弱くなってるって分かるし。

生のデータをそのまま見れるならそっちの方がいいと思いますけどね。

オシレーター系のインジケーターなんか使ってデータを丸めちゃうと真実が見えなくなるような気がします。蓋しちゃって。

だから私は何も表示してないんですよ。

RSIだとかなんだとか邪魔なんで、ハッキリ言うと。


値幅の〇〇%獲れればプロの仲間入り

たから逆張りが機能しやすいねってことでこういうところでロングしたりこういうところで利益確定したりと。利益を欲張らず。

後は金曜日ですからね。早めにやっぱりクローズした方がいいですよ。ある程度利益でたら。

これ50pips以上あるじゃないですか。だから半分だとしても20とか30pipsですよね。

半分取れたとしても30pipsだと。この波の。

頭から尻尾まで全部取ろうとしないでくださいね。無理なので。

むかし株やっていた時の話なんですけど、株は一般的に「値幅の40%獲れたらプロ」って言われてましたね。

それを踏まえて今回の波を見ると40%って20pipsですよね。

まぁこの環境下で20pipsって言うのはあまりにもアレなんですが(笑)

直近高値はここなんで、次に意識される高値はここじゃないですか。

それを考えると30pips獲れればいい方だと思います。

stopをこの下に置いてるとしたら10数pipsじゃないですか。15pipsとか。

15pipsに対して30pips獲れたらR倍数2ですよね。

逆張りにしては上出来ですよ。十分十分。


金曜日の後半にチャートを見ない理由

金曜日じゃなければこういうところでドテンしてもいいんですけどちょっと難しいかな。

私の手法の28ページ使えばドテンでショート出来るんですけど、ただ金曜日なのでね。

金曜日のニューヨーク時間に入ったら眠いじゃないですか。まぁ指値おいておけばいいんですけど。

それでもやっぱ金曜日の後半っていうのはテクニカルが機能しにくいので、個人的には入らないですね。

金曜日は欧州が始まる…日本時間で言うと夕方ですね。

8時ぐらいまでにエントリー出来なかったらもうその日はやめますね。

普段だったら24時過ぎたらまたその時の状況を見て考えるんですけど。入るかどうか。

金曜日の場合は20時までにエントリーしなかったら…エントリーしたとしてももう…

自分のルール通りに動くプログラムがあるんですけどそれを突っ込んで後は放置です。面倒くさいんで。

後は指値を置いておくとか、その辺は状況に応じて色々選択があるんですけど。

24時以降は「どうなったかなー」みたいにチャートを見ない。

土曜日の朝に結果を見るだけって感じですね。

その辺は皆さんの好みとかライフスタイルとかによって色々自分で決めて頂きたいんですけど。

私と同じトレードスタイルを無理にやる必要はないので。


逆張りを極める

バチンと逆張りしちゃダメなケース

はい。次はドル円ですね。ドル円の1時間足でございますと。

結局レンジに入るかなぁと思ってチョンと抜けかなり押してきたじゃないですか。

レンジに入るかなと思って下の目標に到達するのを待っていたんですが到達せず抜けてしまいましたと。

到達せずに抜けてしまいましたと。

到達せずにレンジ上限に行った。

しかも値幅が100pipsありますからね。

こういう時にレンジ上限でバチンとやらないで下さいと。

やってもいいんですけどそれは覚悟してくださいと。

2~3個前の動画でもお話しましたよね。この28ページの例を見てくださいみたいなこと言って…

下に到達、上に到達、下に到達…って言って、到達せずに再びこうね。

この赤い四角いところ。28ページの赤い四角い枠が青いところを挟まずに連続で来たらみたいな話をしたと思うんですけど。

それを覚えている方であればもしこういうところでショートするにしても27ページの図ですね…

要するにBの01です。このB01を使ってショート。

ちょっとできないですよね。そういう風になってないですし。

だから要するにこういうところでショートはしないということです。

15分足に切り替えるともう何もそう言う27ページのような図にもなってないですし。

28ページの手法を使うような相場環境にはなってないですし。

やってもいいんですけどね。それを分かってやってるんであれば。

ただ私個人的には(やらない)ということです。

目標に到達しないまま上に行ってしまったので28ページの手法は使わない。


バチンと逆張りしてもいいケース

あと値幅がでか過ぎる。100pipsあるんで。

前も話したと思うんですけど値幅がね。せいぜい数10pipsくらいの値幅だったらバチンでいいんですけど。

相場に絶対はないのでバチンと行って上手くいくこともあるので。

その辺がもし気になるのであれば過去検証で確認して貰ってR倍数と勝率との関係を導き出して「利益が残るな」ってのを確認したらここでバチンとやって素直に損切りすればいいと思います。

前も話しましたけど損切りは他のところでガッツリ取るための経費なので。

損切りする度に凹む必要はありませんので。


調整波に巻き込まれない方法

で、木曜日に2つ、意識される高値をスパンスパーンとなんの攻防もなく抜けて。

抜けた後に揉み合ってますけどこれは単純に商いが薄くなっただけです。

参加者がnew yorkの午後になって少なくなっただけです。

ドル円って普段…ドル円っていうか他の通貨ペアも大体そうなんですよ。

ニューヨークの午後ってみんなお茶でも飲んでいるのかな?(笑)

動くときもありますけど。午前中に…その前に動いてない時とか特に。

で、珍しいことに日本時間の結構朝早い段階から、朝9時くらいからまたゴーって押し目を付けず、潜って来ずに。

このブレイクした…節目ってほどでもないんですけど、ただの高値ですけど、2ヶ所の高値を全く触れることもなくグォーって行ってしまったと。

押し目買いは金曜日は出来なかったですね。

金曜日花やしき行ってなかったとしても私はドル円ノートレでしたね。昨日は。

5分足とかで細かく見れば無理やり入れるところもあるんですけど。

ただ、大きい時間足で見るといつ調整派になるか…第2波が始まるか…

これが第1波ですね。いつ第2波が始まるか分からないのでこういうところは押し目買いするにはちょっと浅いかな。

やっぱこれぐらい押してこないと。


トレンドに逆らった高度な手法

逆にこれぐらい押すっていうのを想定しているのであれば…

もし見ていたら想定していたと思うんですが、その時はこういうところで逆張りを考えますね。

チャートパターンで言うとAの04とかかな。

A04とかを使って…A03だとどうかな。1時間足だと見えないか。

週足で見るとたったこれだけの値動きなんですけど。

三角保ち合いの中です相変わらず。週足で見ると。

1時間足で見ても左側に何もないのでA04ですかね。

A04を使ってもし出たらショートしようかなって考えていたかも知れません。

チャートを見ていたら。後これ金曜日じゃなければ。この辺でもう金曜日って終わるので。

この辺でチャートパターンA04が出たとしてもショートしないですよね。時間的な伸びしろがないので。

距離的な、縦軸の伸びしろはあるんですけど横軸の伸びしろがないんでね。

っていう感じで今週のチャート解説はこんなもんですかね。

これから子どもの誕生日会を家でやるとか言って、妻が。普段は掃除なんかしないくせに(笑)

何か急に全部屋を掃除し始めて。洗濯とか家事を。

普段あまりやらないのに人が来るときだけ…

じゃあまた次回の動画でお会いしましょう。

さようなら。




ちゅーとちゃの手法&ルール全て

最も効率よくプロのスキル&相場観を身に着けるメソッド。

【期間限定】ちゅーとちゃオリジナルのEA469本が無料!パンローリングの本100冊分の手法/全ロジック公開

パンローリングの本100冊分の手法が盛り込まれています。無料でゲット出来る期間限定キャンペーン実施中!

無料書籍をゲット

無料で配布しているトレード本を見つけたので紹介しておきます。サンプルもあります。