【手法A06】大衆心理と手法のコラボ=最強/手法に関してはこれ以上望めない/損切りしない手法/完全自動売買について/パターン認識の注意点



Contents

環境認識と手法

手法通り淡々とやるだけ

こんにちは。ちゅーとちゃでございます。

現在は2月19日火曜日11:53でございます。

昨日のユーロドルはここでショートしたと思います。

結果、20pipsとか…取れても30pipsぐらいしか取れなかったと思います。

で、今日はここですよね。

この話だけ聞くと

「またまた~!」

って思うかも知れませんが。


いいポイントで入るとナカナカ含み損にならない

まぁラインを引いてないので他の人には分からないかも知れませんが、ウソだと思うのであれば教材を持っている方は25ページ手法A06番をご覧ください。

今日もその手法を使ってここでショート出来た筈です。

ショートしてもこの辺で利確せず保有し続けていたら、この行って来いに巻き込まれ建値まで戻ってきてしまったと思いますが(笑)

ただそれでも含み損にはなっていませんし、乞うご期待って感じですね。


トレンド環境用の手法

それはさておき、少なくともここでショートすることは出来たかなと。

「A06の手法を使っている方であれば」ですけど。

A06って言うのはちょっとマイナーな手法で教材の中でも後半に出てくるので手に取ったばかりの方はまだ使いこなせてないかも知れませんが。

ちなみにAで始まる手法って言うのは基本的にトレンド環境で使用されることを前提としています。


手法はあらゆる場面で応用できる

ですが…ここだけの話で申し訳ないんですが―――

手法って言うのは何にでも応用が利くものなので、応用出来るものは応用すると。

いいですよね?1時間足を表示しますけど、これ分かりますよね?どう言う環境か。明らかに。

これ…13日の時点で引いていたゾーンなんですけど上手いこと機能してますし。

そう言うところだったらたとえAで始まるのがトレンド用の手法だからと言ってレンジで使っちゃいけないなんて言うことは無いので。

その辺は上手く応用して―――私の手法は飽く迄も土台として…踏み台にして頂きたいので。


ゼロから手法を作るよりは数年ショートカット出来る

手法をカスタマイズしよう

ブログとかでも散々言ってますけど、自分なりにアレンジして、性格・個性に合わせて、私の手法を超えるつもりで

逆に私に対して「新しい手法見つけました!」って教えてくれるぐらいの気持ちでやって頂けると楽に勝てるようになるのではないかなと。

私の手法も絶対ではないので。

私の手法は飽く迄も私が現役で今使っている手法で、それが万人受けするかどうかって言うとまた別の話なので。

但し参考にはなると思います。


私の10年をショートカット出来る

10年間アッチ行ったりコッチ行ったり遠回りしたり…

あーでもないこーでもないってやって一時的に複雑な手法になってみたりシンプルになってみたり行ったり来たりして―――

やっと…結局これでよかったんだ…

みたいに落ち着いたのが現在の手法なので。

私が10年費やして得た知識と経験の集大成ですからね。

だから参考にならないなんてことは無いと思います。


スポーツで技を磨くのと同じ

私がみなさんと大きく違うのは「手法と共に歩んだ10年」と言う時間的なバックグラウンドの有無です。

私にはこれがあるから今ではこの手法を完璧に使いこなすことが出来ます

しかし未経験者が明日から私と同じトレードが出来るかと言うとそれは「ノー」です。

プロ野球選手に野球を教えて貰ったからと言って次の日からプロでも通用する様なスキルを身に着けられるのか?

って言うとそんな訳ないですよね。

まだ勝てていない人はプロの言うことを素直に聞いて守破離をして欲しいんです。

まずは守破離の【守】から。

FXなら私の手法を愚直にマネするところから入って頂いて…

で、それをひたすら続けることによって見える物が必ず出てくるので、そこで【破】をするんです。

私の手法・ルールから抜け出すんです。

実際に私の手法を手に取って結果を出してる人はみんなそうやってます。


形が変わっても意志は引き継がれている

(いい意味で)酷い人なんて「もはや私の手法なんて使ってないじゃん」みたいな(笑)

でもそれは最初に私の手法を使っていたからこそその領域に到達した訳で。

現在は私の手法を使ってないにしても、その土台には私の考えがやっぱり入ってるんです。

少しずつ自分用にカスタマイズして行った過程で表面的には私の手法と違ってしまったとしても、根っこの部分は変わっていないんですね。

例えばエントリーやエグジットの細かいタイミングは私と違うけど、大衆心理を読んだり理解したりとかそう言う部分―――

どう言うところに優位性が発生しやすいのか?

―――って言う根っこの根っこの部分は私の手法が元になっていると。


他力本願な人は何をやってもダメ

1万円で100万円を買おうとするヤバい人

【守】の段階で勝てない勝てないって騒いで別の手法に行ったりしないで頂きたいんですよね。

私は持ってる知識を教えることしか出来ないので。

勝たせてあげることは出来ないんですよ。

それ(必ず勝たせて)を言うって事は、

「少しお金払うからこれを100倍にして返してください」

って言ってるのと同じです。1万円で100万円を買おうとしてるようなもの。


東大に受からなければその予備校は詐欺

塾とか予備校に入って、

「授業料払うんで必ず東大に入れてください」

って言ったって本人が勉強してくれなきゃ無理ですよね。

替え玉受験でもしない限り。

投資で言うならファンドですかね。

「私にお金を預けてくれれば増やしてあげますよ」

みたいな。

でもそれって普通の人がやっちゃダメなヤツなんで。

投資助言になってしまいますからね。

「これからこの銘柄が上がりまっせ~下がりまっせ~」

とか一言でも言ったら違法になってしまうので。

違法にならないにしても儲けさせてあげる保証なんてないですし。

「この俺様が東大に受からなかったんだからあの予備校はダメだ(゚Д゚)!」

って言う風にはならないですよね。

もしそんな人が居たらどう思います?ってことです。


バカの一つ覚えですぐ詐欺詐欺と騒ぐ人々

まぁダメな予備校は確かにありますけどね。儲け主義だけの予備校。かなり淘汰されましたけど。

でも、だからと言って「俺が東大に受からないのは塾のせいだ!」って言うのは違いますよね。

教えるところは出来ますが、試験を受けるところまでは付いていけませんからね。

誰にも何も手伝えませんよね。受験中って。

そこをちょっと理解して頂きたいなって思います。

FXとか株とか先物の世界となるとどう言う訳かそう言うところをすっ飛ばして、

「教えてもらうからには100%勝てるようにさせてくれないと詐欺呼ばわりしてやる」

みたいな変な風潮があるので教える方もなかなか難しいです。


コンピュータが人間を超えるためには

本日のドル円

そんなこんなで気を取り直してドル円の話でもしましょうか。

ドル円は今日は今のところトレードしてないです。個人的に。

トレードしてないですけど「こうなったらこうしよう」って言うのはあります。

けど残り時間が少ないのでどうなるか分からないですね。

もう12時回ってますし…NYクローズ直前とかには新規エントリーしたくないので。

ノートレになる可能性が濃厚ですね。

まぁいいですよ。今月前半にいっぱい獲ったので。


本日のユーロドル

この後ユーロドルは…って言いたいけど言えないんだ(^^ゞ

あ、こう言ういい方ならいいのか。

この赤いゾーンを上に抜けたら目線は切り替えましょう…

但し!

どうやって抜けたかによって…「抜けた」と判断するのかどうか…

その辺はどうしても裁量になるので。

その辺を「ビシッ」って数値化出来るのであれば自動売買でいいので。

まぁこう言う部分を自動化するのはちょっと難しいですね。


完全自動売買について

かれこれ相場に20年携わってますけど―――

あ、私10年ぐらいITもやっていたことがあって、その辺の相場のロジックを設計したりプログラミングしたりするのは「ちょちょいのちょい」なんですけど。

キチンと定義して貰えれば何でもプログラムにするスキルはあります。

自動売買を10年ぐらい研究してたことありますけど、まぁ難しいですね。

何年もキャリブレーション不要で文字通り【完全放置】で稼ぎ続けてくれるプログラムを書くのは「ほぼ不可能」と言う結論に至りました。

それもそうですよね。

ノーベル経済学賞を取っちゃうような人の考えた手法を天才集団が自動化して…

それでも2回破綻してますから。

で、結局その学者はファンドを諦めて現在では大学で教鞭を取ってる訳ですから。

私のような1個人がそれを超えるなんて。


AIについて

AIは開発したことがないので未知の世界ですが、現状では全然ダメダメですよね。

各証券会社が

「これからはAIだ!」

と言ってこぞって導入してますが、どこも散々な結果に終わってるじゃないですか。

もちろん技術革新の途中だから…って言うのもありますが、理論的にムリがあるんですよ。

「矛盾」と言うか論理の破綻と言うか…ブログでもAIについて取り上げてますが。

と言うことで、まだまだ人間の脳ミソの方が優秀みたいですね(笑)

AIの方が優秀な部分も当然ありますけど、「トレードで継続的に稼ぐ」って言うことに関してはまだまだかな。

まだまだAIには負けませんよと。

なんですかね。相場観と言うかシックスセンスと言うか。

言葉で上手く説明出来ない、定義できない部分なんですけど。

人間の能力が全て言葉で定義できるようになったらプログラミングに落とし込めるって事になる訳で。

そうなったら人間に勝ち目はないですね。


勝つことが習慣化する

知識やノウハウさえインプットすればいいのか?

スポーツだってそうじゃないですか。

元野球部なのですぐ野球に例えたくなるんですが、野球にも色々な理屈・理論があります。

知識とかノウハウとか。

で、それらを全て知っていたらスーパープレイヤーなんですか?

って言うとそうじゃないんですよ。全くもって。

意外とスーパープレイヤーの方が基本的なことを知らなかったりするんで(笑)

え?プロなのにそんなことも知らないんですか?みたいな。

逆に高校球児の方が詳しかったり。


無意識に身体が反応するレベル

つまり「そこじゃない」ってことですよ。

一流になるため必要なのは。

「ボールが飛んできた!」

「え~と今回飛んできたボールの角速度ωが〇〇で速度vと質量mが△△で現在の粘性抵抗は◇◇だからバットの角度をこうして…」

って考えながら打たないですよね。

言葉を喋る時だって文法や構文が合ってるかどうかをイチイチ考えないですよね。

それじゃあ会話が間に合わないですし。

つまりスポーツも日常生活も結構色々なことを無意識でやってるってことです。

トレードもそれと同じように意識せずとも身体が動くレベルにまで習慣化してしまえばいいと。


スタート地点や成長スピードがみんなと違うのは当たり前

その領域まで到達していないとこの話をしても理解してもらえないんですよね。

「またまた~お茶を濁して~」

みたいに思われてしまうので。

でもその領域に到達した人に対してはその説明って不要なんですよね。

そこが難しいところなんですよ。

トレードを教えるって言うのは。

到達した人にはこの説明不要だし、してない人には説明しても理解出来ない…って言うジレンマ。

だから「黙って守破離をやってください」って言うしかない。

他のスポーツとか勉強…ビジネスでも何でもいいんですが、成功体験がある人なら私の言ってることが理解出来るのではないかなと。

「何1つ極めたことがない」とか「成功体験が全く無い」って人に比べれば。

だから何かの分野で成功した経験のある人って言うのは他の分野に行っても比較的簡単に成功出来るんですよね。

スピリチュアルみたいな話に聞こえるかも知れないんですけど。


チャート画面を芸術作品にしちゃう残念な人々

パズルを完成させるようなイメージ

私はこのチャートを見てそう言うのが見えるんですよ。

今回たまたまって言わればそれまでなんですけど。

もし予想が100%当たるなら私だってこんなYouTubeなんか撮らないで世界一の大富豪として今頃別のことやってますし(笑)

まぁそれでもね。この戻りの波形が出てきたとき、「今後このような値動きになる」って示唆することを当時言ったと思うんですよ。

トレンド転換するか分かりませんけど…みたいな。

転換するとしてもスグにはしないので…みたいな。

私のブログで逆張りについての記事を読んで頂ければ…みたいな話をしたと思うんですけど。

そう言う環境認識をしていたからこそ―――

どうせ後付けだろみたいに思われるかも知れないんですけど

―――実際そうなって、私の手法ノートに従ってパチンパチンとパズルを当て嵌めて行けば先週と今週は問題なく勝てていたハズ。

何もメチャクチャなことは言ってないし複雑なことも言ってない。

アートなインジケーターも表示してないですしこれ以上ないぐらいシンプルですよね。


インジケーターはアート

インジケーター使えば魔法みたいなこと出来ますけど、後付けでいくらでも。

「ここがこうなってクロスしてどーのこーの~」

「ボリンジャーバンドがうんたらかんたら~」

「移動平均線に近付いたから~」

近付いたからってなんだよって感じですよね(笑)

近付いたの定義ってなんだよ…みたいな。

私は基本的にローソク足だけ―――まぁローソク足もインジケーターって言えばそうですけど―――

後はこんな感じの赤枠とか…グリーンの水平線は100pips毎に自動描画してるだけで。

キリ番は意識されやすいですからね。

例えばこう言うところって意識されますよね。

だからと言ってピッタリ機能する訳じゃないですよ。数pipsぐらいは普通に行き過ぎたりします。

この100pips毎の水平線を普段から描画しておくとボラティリティの変化に気付きやすいんですよ。

描画間隔が変化するので。

狭くなって来たら「最近はボラティリティが高くなってるんだな」とか。

広くなって来たら「調整局面なのかな」みたいに気付ける。

そう言う意味でも日頃から表示させてます。


勝てない人の共通点は多くを望むこと

経費をケチる企業は倒産する

とお話ししている間にユーロドルがここの高値を超えましたね。

次意識されるのはここでしょうね。さぁどうなるかな~。

ここでショートしてポジションずっと持ってた人は建値撤退になるか含み損を抱えた状態ですね。

それでいいんですよ。たまには損切りした方が。

「損切り」って言葉が良くないですね。

「ロスカット」がいいです。ロスをカットする、いわゆる経費って言う感覚。

経費をケチる中小企業は倒産しますから。

だからどんどんロスカットしていいんですよ。

勝率100%を目指す必要ないので。トータルで利益が残れば。

偶にロスカットする方が健全なトレードです。


優位性とは偏りのこと

前にも話したかも知れないんですけど、ロスカットが極端に少なくて極端に勝率高いな~と思ったら逆にその手法を疑った方がいいです。

なんか落とし穴あるな…って。

「いつか痛い目見ることになるんじゃないか?」

って思った方がいい。

そんな優位性の高い手法なんて世の中に存在し得ないですから。

市場は常に効率化しようとしてますので、目立つ偏りなんかすぐ埋められますから。

我々はそんな中でトレードしてるんだってことを理解しないと。

つまり「僅かな優位性に賭けるしかない」と言う事実を知って、それを前提に戦略を組み立てないと。

まだ参加者が少ない―――例えば仮想通貨のように―――成熟してないマーケットだったらそう言うのもあるかも知れません。

しかし株やFXは…株は新規公開株なら偏り凄いですけどFXは通貨の交換ですからね。

ユーロが発行されて以来メジャー通貨は1つも増えてませんし規模も巨大ですし。

そんなマーケットにそうそう偏りなんて発生しないですよ。

初心者でも勝てるような偏りなんて滅多に。


損切りしない手法あり〼

私は株で10年近く経験を積んでいたので…つまり基礎が出来ていたのでFXに参入してすぐ勝てるようになりましたけど…

そうは言っても大衆トレーダーと同じで

「もっと安定的に勝てるようになりたいな~」

みたいな夢を見ていた時期もありますよ。

やっぱりそう言う情報が氾濫しているからついついね。

特に心が弱ってるときとか

「え~そんな安心・安全な手法があるの~?」

みたいな誘惑に負けそうになる。

さすがに損切りしない手法とかに飛び付いたことはないですけど(笑)

よくありますよね。損切りしない手法。

蓋を開けてみれば何のことは無い。

小ロットでエントリーして利が乗るまでひたすらナンピンしながら耐えるとか両建てするとかそんなクソみたいな手法が。

マーチンゲールとか小学生でも思いつくような手法とか。

聖杯手法があったらいいなって思いますけど、残念ながら無いです。

そんなのに無駄な時間とお金を使うの止めましょう。


手法に関してはこれ以上望めない

自分で言うのもなんですが、私の手法がお手頃だと思いますよ。

ここまでマジメに本当のことを喋ってるんですから。

どう思います?

「FXでは安定して勝てません」って言ってるんですよ。

正直者だと思いませんか?

ブログでも散々言ってますよね。

「安定を求めてるから勝てないんだ」とか「そのサラリーマン脳は早く捨てましょう」とか。

ウソつくんだったら

「誰でも安定して勝てますよ~」
「これさえやってれば月単位で負けなし!」
「勝率90%!」
「100万円が1年で1億になります!」


とか耳触りの良いことばかり言っとけばいいので。


これ以上を望むことは聖杯を探すのと同じ

大衆の多くが「そう言うことを言って欲しい!」って望んでることぐらい知ってますし。

人間って聞きたいことしか聞かないですしね。

1つの手法を徹底的にマネして守破離して職人業みたいにスキルを身に着けなさい…

なんて面倒くさそうでダルそうなこと言いませんよ。

もしみんなをダマすつもりなら。

だからもう止めましょう。聖杯探しは。 ナイって言ったらナイんです。

無いことを証明するのは悪魔の証明になってしまうので不可能なんですけど、それでもやっぱり無いです。

聖杯は諦めてください。


大衆心理 これ以上大切なことは無い

参加者の気持ちを想像しながら読む

それと、チャートは大衆心理を想像しながら見ましょう

念のため言っておきますが、大衆心理を考慮しながらチャートを見たからと言ってそれ通りになるかどうかは別の話ですからね。

色んな人が相場に参加してる訳なんで。

素直に行くときもあれば行かないときもあるし。

誰がいつ参加しているのかってことが分からない限り。

それでも「意識されるレート」ぐらいは分かりますよね。

ストップが溜まってるところとか。

ここ揉み合ってるじゃないですか。

ゴチャゴチャしてるってことはここで攻防があったって分かりますよね。

で、ここでショートした勢力が居ると仮定したらここにストップ溜まってるじゃないですか。

逆に…ここに大陽線あるじゃないですか。

こう言うところでロングした人はどこにストップ置くかな~みたいな(笑)

そしてまた押してきて、再度戻って…って争いが起きてるじゃないですか。今。


過去検証で気を付けるべきこと

ちなみにどっちに行くかなんて分かりませんからね。私。

分かってて喋ってるわけじゃないですよ。

そう言うチャートの見方・考え方をしながら少しずつ相場観を身に着けていく…手に職を付けていくって言ってるだけです。

そう言った訓練を積めば積むほど精度が上がって行くってだけです。

今日レベルゼロだった人が明日レベル100にはならないです。

「1日1歩、3日で3歩、3歩進んで2歩下がる」です。

もちろん短期間でも集中的にガッと訓練すればそうじゃない人よりは早く成長できますけど。

だからと言って1日・2日とか1週間頑張っただけではムリです。

それこそ会社辞めて朝から晩までそれだけに集中してチャート見まくって…

ってやれば大分スピードアップするでしょうけど。

過去検証で気を付けなきゃいけないのは、ボーっとチャート眺めて

「う~ん、ここで買いかな?売りかな?」

ってやるのではなく、脳ミソに汗を掻くぐらいチャートの意味を考ながら分析し、終わった後はへとへとになるぐらい集中してやらないと意味ないですから。

時間だけが過ぎて成長しないです。

大衆心理を考えながら真剣にやらないと。


過去検証時の指標発表の取り扱い

指標発表とかが入ってくると大衆心理やテクニカルが無視されるのでちょっと面倒くさいですけどね。

そこが為替の難しいところなんですけど。

でも値動きを見れば指標かどうかなんて分かりますよね。

例えばこんなの。指標に決まってるじゃないですか。

過去検証の時、そう言うのをどう扱うかって言うのは自分で考えて決めると。

指標は無視するのか指標も考慮するのか。


パターン認識の注意点

「あ~、これWボトムってヤツだな~」

みたいに覚えたパターンをただ認識するだけでは意味ありません。

そうではなく、

「ここで参加者がどう言う気持ちでトレードし、どう言う攻防が合ってこう言う形状になったんだろう?」

って言う背景を想像しながらチャートを紐解いていないと。

画面の向こう側にいる人たちの気持ちを理解するつもりで。

「Wボトムを形成しネックを上抜けたから…」

説明するとしたらそうなっちゃいますけど、でもそれって大衆にも出来る事なので。

そこから一歩踏み込んで「ここでどう言うことが行われたんだろう?」って考えることが重要。

例えばこのWボトムなら左側の動きと右側のWの動き…ローソク足の勢いとかエネルギー…

なんか意図的な物を感じるな~とか。


大衆心理を基準に考えると読みやすい

例えばここちょっとはみ出てるじゃないですか。

グイグイッとV字で上昇すると見せかけてそれ以上の勢いで下げてきたと。

何故か?

最初のグイグイッって言うV字の上昇に飛び付いた人達が少なからずいるじゃないですか。

「あ~!行っちゃう行っちゃう!乗り遅れちゃう!入りそびれちゃう!」

って言いながら。

1つ上の足を見てる人なんかが反転を確認して

「お、絶好の押し目買いポイントだ!」

って言って喜んでロングするじゃないですか。

東京時間が終わって欧州時間に引き継ぐ頃。

後から見てるから何も感じないかも知れないですけど、リアルタイムでグイグイグイッってこんな感じで上昇が加速して行ったら心拍数が上がって飛び付いちゃうじゃないですか。

大衆トレーダーって。

それを「ガッ」と振り落としてから上昇したんだな~とか。

そう言うのを1つ1つ丁寧に考えながらチャートを紐解いていかないと。


大衆心理と手法のコラボ=最強

ただボーッと

「ふむふむWボトムだ。ネックを超えたからここでロングだな」

ってやるんじゃなくて、もうちょっと参加者の気持ちを考えながら…

そうして初めて私の手法と照らし合わせながら「あ、これはこのパターンなんだな」ってやると最強です。

いいですかね。知識を仕入れてそれで終わりじゃないですからね。

それ以上のアウトプットをしないと。

何か情報を得たらその3倍はアウトプットしないとその知識が定着しないので。

経験ありますよね?

微分積分とかでも教科書で理屈や計算式を読んで理解したからと言ってテストで満点取れないですよね。

何回も類似問題を解いたり過去問をやったり…過去問を解くのって過去検証みたいなものですよね。

そうやって繰り返してようやく知識が定着し始める訳じゃないですか。

それでもまだ完璧じゃないので更に続けると。

FXで手法を身に着けるのも同じです。


さいごに

説教ばかりになってしまいましたが、本当に頑張ってる人には何とか勝てるようになって欲しいと言うこの思いが…

ついつい熱くなっちゃいまして。

やっぱり私のYouTubeとかブログをご覧になってる方には少しでも上手くなって貰いたい。

せっかくのご縁なので。

「ちゅーとちゃのブログで勝てるようになった!」 ってなったらいいじゃないですか。

私も年だから若い人の成長を見るのが嬉しいんですよね。

若い人には年寄りの気持ちが分からないと思いますけど。

私も若いときは年寄りの気持ちなんて分からなかったですからね。

若い人の成長を見てるのが楽しいとか、何かを教えたいとか。

何かを教えて貰っても「だるいな~面倒くさいな~」程度にしか思ってなくて。

若いときって学校の先生に何かを習っても感謝の気持ちとか特別生まれないですよね。

お金は親が払ってますし、それが当たり前…みたいな感覚。

そう考えると私も年を取ったなぁと。

と言うことで、長くなってきたのでこの辺でお開きにしないと思います。

ご清聴ありがとうございました。