【プロの目線】FXはこれを意識するだけで面白いように勝てる



自分の予想に自信があるのはド素人である証拠

平日の昼間から娘と遊びながら酒を飲める幸せ

こんばんは。ちゅーとちゃでございます。

現在は3月7日23:57。あと3分で3月8日になろうと。珍しく夜撮ってます。

昨日…前回の動画でお話したと思うんですけどちょっと昨日幼稚園まで自転車で往復したこととか、あと午後子供とランチして…

そのランチでわたくしワインのボトルを1本開けてしまいまして…その状態で午後ずっと娘とブラブラ3~4時間…

いや、もっとだな。4~5時間か。あっち行ったりこっち行ったりして…ベロンベロンの状態であっち行ったりこっち行ったりしてヘトヘトになって…

昨日帰ってきて夜はいつも通り普通に寝たんですけど相当疲れが溜まってたみたいで今日の朝も幼稚園の送り迎えはちゃんとやってきたんですが。

へとへとになっちゃって…午前中動画撮れなかったですね。

まぁペルソナ5はやってたんですけどね(笑)

ペルソナ5…ゲームってほら、あんまり頭使わないんでいいですけどチャートの解説とかって色々頭を使ってアウトプットしなければいけないので…

やっぱりちょっとヘトヘトの状態で動画を撮るのは変なことを言ってしまったりすると悪い影響を皆さんに…変な間違った情報とかを言ってしまう可能性があるのでやっぱり頭がシャキッとしている状態…

もうそろそろ寝ようかなと。今12時になっちゃいましたね。もう寝ようかなと思っていたんですよ。

で、寝る前に動きがあったので撮ってみようかなと。

まあ今撮ってしまえば明日の朝撮らなくて済みますからね。

今話してしまえば明日の午前中の動画は省略できるかな。


信憑性の低い目立つ安値

ということでご覧の通りユーロドル1時間足表示してますが、ずっと下落してきたな…

で、その続きでここでねいくつか前の動画でお話ししたこの「あんまり信憑性の無い目立つ安値」…

もっと左にもっと目立つ安値がありますからね。

だからあんまり信憑性がない…強いて言えばなんで私がここを線引いてるかって言ったらこの辺のレンジの下限が…この辺で乱高下してるじゃないですか。

レンジというにはちょっと汚らしいですけど、まぁでもいっぱい意識されというところがあるので。上も下も。

なのでまぁレンジと解釈してもいいだろうと。

そのレンジの中の一番下の値段がここだからっていう理由…浅い理由なんですよね。

浅い理由なので、ここでまたこの上に行くっていう可能性はちょっと考えにくいかなと。

なんでかっていうと、いくつか前の動画で話たと思うんですけど、段々抜けが浅くなってきて最後ダマシみたいな形で行って来いになって落ちてきてるじゃないですか。

で、ここまであっという間に到達して。

今1時間足なのでちょっと分かりづらいかも知れないんですが、この部分。

反応したのが3月4日ですよね。反応してアッサリ翌日…


これだけ下落したから買う=ド素人

あんまりのたくさん線とか引いちゃって話すと教材の内容がバレちゃうかなと思ってちょっと消したんですよ全部1回。

教材を手にして頂いた方はたぶんあんまり線引いて欲しくないんじゃないかなと思って、ちょっと線色々消したんですけど。

で、3月4日の安値をアッサリ抜いて…で、行って来いにならずにうにゃうにゃっと横這いになって、で、この形ですね。敢えて線は引きませんが。

ちょっと前に話したと思うんですけど、教材の基礎編の18ページ。

正にこの18ページのポンドドルの15分足チャートと同じパターンだったねっていう話をいくつか前のユーロドルでしたと思うんですけど、今度はそれの逆パターンがここで起きていたと。

あっち行ったりこっち行ったり申し訳ないですけど、ユーロドルで直近はずっと下がってきてるっていう環境はいいですよね。

結構大きく下げてきているので、いつ第二波が始まってもおかしくないんですが、それを気にしていたら流れに逆らうことになるじゃないですか。

もうそろそろ。こんだけ下落が進んだんだからそろそろ調整始まるだろう…

その認識はいいんですけど、そう認識したからといってじゃあロングかっていうとそうじゃないんですよね。

ここがちょっと初心者の方がやってしまいがちなんですけど。

これだけ下げたんだから…値頃感ですよね。

事実に基づいてないトレードになってしまうので。

直近ずっと下げてきているのにロング考えるって言うのは、直近の流れにも逆らうし、かといってレンジ相場でもなんでもないですからね。

特に反応したここの部分を下に抜けてますから。あっさりと。


想定ベースで行動してはならない

いつ上昇が始まってもおかしくないんですよ。おかしくないんですけどより優位性が高いのは…まだ目線は下だと。下方向だと。

常に確率で考えるので。絶対にその値頃感でここでロングしたら絶対に負けるって事じゃないんですけど。

どっちかっていうと今流れが下なんで。いいですよね。

同じ話何回もしてる気がするんですけど。

そういう環境の中でこのチャートです。ここの部分です。これが18ページの逆パターンが起きているというのは分かりますかね。

5分足ぐらいにした方がいいのかな。今大下落してるんでちょっと見づらくなってますけど…

ここですよ。このパターンです。これが18ページの。18ページはロングのパターンですけどこれが上下逆さまになっているっていいですよね。

私は昨日ここで12時過ぎた辺りでロングしたと。

敢えて書かないですけどこの辺でロングしたと。

で、オーバーナイトした。あ、ロングじゃなくてショートしたと。目線が下なんで。

ここでショートしてその日は大して利が乗らなかったんですけど、ただ含み損だったらすぐに撤退…その日のうちに撤退する予定だったんですが含み益を抱えた状態でオーバーナイトしたのでそれはそのまま弄らずに。

ストップはずっと弄らずに。建値に動かしたりせずずっと持ってたんですね。


手法が機能し過ぎて信じて貰えないかも

ブログの手法でも獲ることは可能

えっとですね。なんか録画が失敗していまして…今結構いいことを5分ぐらい喋ったんですけどなんか録画がされてなくて。

所詮無料のアプリケーションなんでね。

なんか勝手に録画が止まったりするんですよね、これ。

なに喋ったか忘れちゃいましたけど、まあいいですよね。ここでショートしたと。

で、まあ1回建値まで戻ってきたけれどもめでたしめでたしと。ただそれだけです。

気を取り直して…録画が止まってないかどうか常に監視しながらへ撮んないとな。

気付かないんですよんね。画面が変化しないんで。

ドル円の1時間足はいいですよね。線ちょっと減らしましたけど、ここでDMSですよねDMS。

DMSでショート。ここでね。

前回か前々回の動画で、ここでショートしてこの上ヒゲのノイズを利用してショートして直近安値で利確と。

30pipsぐらいですけどね。この辺ですか。

ここピンポイントってのは難しいんですが、この112円から112.1のこの間のどっかですよね。

ここら辺でショートしてB02の手法、28ページの手法を使って直近安値まで引っ張ることが出来ればおよそ3~40pips獲れたねっていう。

だからストップも30pipsぐらい取れば余裕じゃないですか。

私のあの例の逆張りのブログの…そのブログの方は無料で見れるやつなんですけど、ブログの逆張りのその環境認識みたいな話と私の教材をコラボさせればこういうところでショートできたかなと。


ここでロングしなかった理由

で、問題はこの利確した後ですよね。ここでいきなりドテンををするのかどうかっていう。

時間帯的にもね、ちょっとアレなんですが。

結論から言うとロングしなかったんですが、ロングしたとしても撤退できますよね。

ちょっとでもアレだなぁ~…ここでロングしちゃった人はもしかしたらこの後損切りになっちゃうかも知れないんですけど(笑)

あの私はここでショートしてここで利確してその後もう寝てますからね。この時間。

なのでここは何もしてなかったんですけど。

1時間足で見るとこんな感じじゃないですか。怖いじゃないですか。真空です。真空。

あんまり言っちゃうとアレなんですけど例えば23ページのA04あるじゃないですか。

こういう所って来るんですよね。来易い…いや絶対はないですよ。ただちょっとそういうのがあるので…

っていうのと、ここでもう取れたし取れそうだったし、ここでドテンのロングはしなくていいだろうと。

いつ押してくるか…3つか4つぐらい前の動画で私ここで逆張りショートしようとしてるって話ししたじゃないですか。

だからちょっとアレなんですよ(笑) ちょっとね~、ロングしたくなかったんですよ。

ごめんなさい。うまく説明できなくて。


目線が正しくても稼げるとは限らない

ただ、ここでロングしなかったとしましょう。で、次の日どうするかって言うとアジア時間にダマシみたいな感じで下ヒゲでピョンって言って反応したじゃないですか。

それのスタート地点を余裕で割ってるじゃないですか。更に実態で。

で、戻してきてこの高値を更新できなかった。

このパターンを5分足にしてみましょうか。で、この時点でちょっと私目線が下なんですよね。

その~信じて貰えないかも知れないんですけど、ここの時点で実は目線が私下になってたんですよ。A04みたいな感じで。

A04を使うかどうかは別として23ページのこの黄緑の中に書いてある字があるじゃないですか。

「なんとか状態」ってあるじゃないですか。これがあるのでちょっとねぇ、心の中で目線が下だったんですよ。

どこでショートしようかなって考えていたんですね、今日。

で、考えていてこの111.85に指値置いてたんですね。ショートの。

置いてたんですけど私って12時以降にしかトレードしないって話したじゃないですか。

まぁ何度もしてると思うんですけど。で、111.85に到達したのってまだ12時になる前だったんですよね。

結局チャート見てみたらここに指値置いてたんですけど「12時以降に111.85より上にいたらショート」っていう条件でやってたのでショートできてなかったんですね。

チャートの縦軸では予想通りここに…実はこのチャートパターンもさっきと同じなんですよ。

18ページの逆パターンになってるんですよね。もちろん目線が下であるっていう前提なんですけど。

目線がそもそも間違ってたら…ここをレンジだと認識していたらここでショートしようなんて考えつかないと思うんですけど。


手法とは大衆心理を利用するための道具に過ぎない

誰もが認識できる相場環境に優位性は無い

あと大事なこと忘れてた。。これを言おうと思ったんだ。

私のブログの中のトレード手法のカテゴリーの中に小さいカテゴリーが「大衆心理」っていうカテゴリがあって、その中にサポレジ転換「ほにゃららを踏み台にして荒稼ぎする」って言う記事があります。

この中でも言ってるんですけど、こういうレンジがこうずっと続いていて、もう明らかに「これレンジだろう」っていうような状態になってからこういうところでロングしても勝てませんよという記事が書いてあるんですね。

こんな分かりやすいレンジ滅多にないんですけど、さっきのドル円なんかも結構分かり易いですよね。

これ安値があって直近高値で止められて、まぁちょっと10pipsぐらいはみ出てますけど意識されてるじゃないですか何回も。こことここ。

上もそうですけど下もね。で、ここ綺麗に揃ってるじゃないですか。

こんな分かりやすいところで逆張りロングなんてやってもこうなりまっせって言う…これですね。これがあったんですよ、私の中に。

誰もが認識できるパターンで勝てれば苦労しねーよと(笑)

私のブログでもそれ言ってるんですけど、誰もがね認識できるチャートパターンと言うことは多くの大衆がそこで逆張りしようとしてるね…

この大衆心理…無意識ですけどね。いちいち頭の中でこんなに長いこと考えないでもう見た瞬間にここでなんか「あ~」みたいに。

昔はね、「ここで大衆がロングしようとしているから多分ここ1回狩られるだろうな…ここでロングした奴らを狩る値動きが1回くるだろうな…」

とかイチイチ頭の中で文章で考えて結構時間掛けて考えてたんですけど、もうさすがに10年もやってるとそういうのは考えないでもう無意識に身体が反応するようになっちゃってたんですけど。

そういうのもあって、ここでショートしようとしたんですよね。実際には時間的な制約で…自分で勝手につけてる制約ですけど、それがあってショート結局入れなかったんですけど。

まぁそれはしょうがないですね。


これ20回繰り返したら得するか?を常に考える

確かに今日はショート入れなかったですけど、普段一番乱高下しやすいところでトレードしていないお陰で指標発表とかテクニカルを無視したような暴れ馬に乗らなくて済んでいるので。怪我せずに済んでいるので。

そこは表裏一体ですよね。こういうところで入れる…今日もしここで入れていたとしたら、今回は利益になったかも知れないんですけど、今までに…例えばこう言うところで…まぁここでショートしましたけど。

この日は実際12時超えてたんで。他の日なんかでも結構12時になる前に…大体9時から11時ぐらいですか…の間に暴れるじゃないですか。

ロデオみたいに。

そういうところでトレードしないからこそ私個人的な話ですけど。指標が得意で指標ばっかりトレードしてちゃんと稼いでる人もいるので、その時間帯を否定する訳にはいかないんですけど。

ただ私はね、そういうお祭り騒ぎがちょっと苦手で。

もうちょっと落ち着いたところで、そんなに何百pipsとか獲らなくていいので。コツコツ淡々とやるタイプだから私はそうしているというだけで。

そういうのが好きな…若い人なんかね。そういうの向いてるっていうこともあるかも知れないので。

私はもう歳なので落ち着いたトレードを好んでやってるってだけなんで。

そこがね。私の真似して12時までトレードしないとかっていう風にする必要はないんですけど。

もしかしたら難しかったかも知れないんですが、どうかな…ここでロングしない理由を言葉にするのが難しいですけど、まぁ1つ言えるのはさっきこのブログ記事を紹介したように、もう「誰の目にも明らかになっている」っていう事とか。

後は何だろうな~ここで結構大きなダマシが…指標かなんかだと思うんですけど、結構な上髭ですよね。

結構な上ヒゲを出してからこっち側に来ているので、やっぱりもうちょっと大きな波の調整が入るんじゃないかな。

要するにこの1時間足レベルの調整が入ろうとしてるんじゃないかなーって言う。

で、ある程度調整してから上にもし行くならこう1回調整してから上に行くとか。

その辺はまたチャートの動き方でその辺の環境認識は頭の中でアップデートしていかなきゃいけないんですけど。


大衆の気持ちになって大衆の嫌がる値動き想像する

あーでもあれだな。もしここでロングしたとしても次の日にここの安値を抜けてるじゃないですか。

だから上に1回…ここで目標到達したら次にもう1回上の目標に到達せずにもう1回下の目標を…目標と言うか安値を抜けた…この時点で「ん?」っていう風に思わないといけないですね。

そうしたら戻ってきたところで撤退するとか。もう少し利益乗ってから撤退してもいいですし。

だからロスカットになる…その辺は巧く…サバキですね。捌き。

そこを上手く捌けるかどうかで結構成績が変わってきますよね。その積み重ねで。

ここで不穏な臭いを感じ取って…ね、ちゃんと戻ってきてるじゃないですか。戻らず一直線に行っちゃったらもうそこは潔く損切りするしかないんですけど。

こういうね、せっかくこの撤退するチャンスがこんだけ半日あったわけなんで、ここで撤退すれば損切りにならず、あわよくば利益になっていた。

レンジの中なんでトレンドラインっていうのも微妙なんですけど、こう綺麗に下げてきて安値も短期間で2回抜けて。

これはダマシなんで抜けたとは言えないですけど、ただ日本時間午前中の段階でまた再びしつこいくらい下に!下に!って何回も来てるじゃないですか。

ちょっと小さめのディセンディングトライアングルになってますよね。

で、まぁこういうところで…ポジション持ってない人がこういうところで「あ、ブレイクした!」ってショートするかも知れない…してるかも知れないですよね。

そういうのを一旦ここで振り落として…とか。振り落としてから本格的な下落が始まるとかね。

そう言う風に丁寧に見て行けば、最初は難しいかも知れないですけど慣れればその辺を一瞬で判断できるようになるんで。

ここはちょっと言葉にするのは難しい部分かも知れないですね。


受験勉強の要領でやれば勝てる

相場って完全自動化ができないという話の時にもしたと思うんですけど、言葉で定義できない部分もやっぱりどうしても出てくるので、そこは経験を積んで腕を磨いてもらうしかないですね。

「こうやれば勝てます」とかそういうのはないんで。この世界って。

でも大分YouTubeとかで環境認識の仕方とか私の脳ミソの中のことも結構曝け出しているので、毎日観て頂いている方はなんとなく環境認識の仕方とか手法をどういう場面でどれを使えばいいのか、上か下かとか。

っていうのは少しずつ分かってきたんじゃないかなって信じています。

受験勉強と一緒ですよ。何回も何回も練習問題をやればやるほど解くスピードも上がるし、最初のうちは1行1行丁寧に読まないと理解できなかった問題文も何回も10個20個も100個も同じような練習問題解いていると見た瞬間に「あ、これはあのパターンだな」っていうのが一瞬で引き出しから取り出せるようになるじゃないですか。

それと同じですね。FXも。そんな感じで諦めず丁寧に。

私だって最初の頃は1行1行なんか熟読しながら問題を読むような感じでやっていたので。最初からいきなり見た瞬間に分かるなんて有り得ないので。

でもちゃんと丁寧にそうやって経験を積んでいけば誰にでもできると思います。

受験だって。東大とかに入るにはある程度の才能とかもしかしたら必要かも知れないですけど、FXで…まぁ金額にもよりますけど1家族が生活できるレベルぐらい稼ぐ程度だったら東大なんか入るようなレベルじゃなくても、その辺の普通の大学…偏差値60とかそれぐらいの大学に入るぐらいのレベルでいけると思うんで。

そんな特別な…例えばIQ130とかじゃなきゃダメとかそういうんじゃなくて、IQ100ぐらいあれば多分誰にでもFXで生計を立てることはできると思いますので諦めずに。

諦めたらそこで試合終了ですよ…ということですね。

ということで、思いの外話が長くなってしまいましたが今回のチャート解説はこのぐらいにしたいと思います。

それではまた次回お会いしましょう




ちゅーとちゃの手法&ルール全て

最も効率よくプロのスキル&相場観を身に着けるメソッド。

【期間限定】ちゅーとちゃオリジナルのEA469本が無料!パンローリングの本100冊分の手法/全ロジック公開

パンローリングの本100冊分の手法が盛り込まれています。無料でゲット出来る期間限定キャンペーン実施中!

無料書籍をゲット

無料で配布しているトレード本を見つけたので紹介しておきます。サンプルもあります。