【プロの目】チャート分析とは大衆心理を分析することに他ならない



大衆心理とワンチャンス

モーニングアタック

おはようございます。ちゅーとちゃでございます。

本日は3月16日土曜日。朝5時25分でございます。

私は寝起きに鼻が詰まるんですよね。朝撮影するとき鼻声だと思うんですけどモーニングアタックていうやつですか。

アレルギーみたいなもんですかねこれ。調子の良いときもあるんですけど。

花粉症なのかな。寝起き30分から1時間の間だけ鼻が大量に出るんですよ。

1時間ぐらい経つとスッキリ鼻通りも良くなって…日中はなんともないんですけど。

朝だけ鼻が詰まるんですよ。もしかしたら布団のせいかも知れないんですけど。ダニアレルギーとか。

まぁそれは置いといて、それでは直近2日分のチャートのお話でもしていきましょうか。


ワンチャンスの考え方

今はドル円の1時間足を表示しております。

前回撮影したときは2日前…水曜日だったかな…木曜日だったかな…

チャートがこの辺にいるときお話ししたと思うんですが、その時に基礎編4ページのような形になることを想定して…

1時間足レベルでですけど想定していたと…いうお話をしたと思うんですけど、まぁそういう風になったと。

で、これを15分足にブレイクダウンするとこんな感じですね。

確か前回ここでショートして…水曜日はここでショートしたのでここでドテンロングをすることはなかったですけど…っていう話をしたところだったですかね。

だから前回話したときはチャート…この辺だったかな。こんな感じだったのかな、確か。

で、そのまま上昇して金曜日にこうなったと。もう1回1時間足表示しますね。

この枠は前から引いてたと思うんですが4ページのようになると想定した状態で木・金こうなった。

更に5分足で拡大するとこんな感じです。え~と木曜日はこうか。典型的なパターンですね。

あーそうだそうだ、これが水曜日ですよね。

で、確か水曜日私はここでロングして…ここで抜けることを想定してロングしたけれども…

ロングした後30pips弱伸びたんですけど直近高値を抜けずに垂れてきてオーバーナイトしてしまったので撤退したって話を確かしたんですよね。

あ、間違えた。これ火曜日でしたね。火曜日にロングして抜けを想定していたけど抜けずにオーバーナイトしたので薄利で撤退して…

っていう事実を受けてその翌日1日だけ…1回だけ上限でショートしようと。

前回の動画で一度だけここで…上限でショートしますって話ししたと思うんですけど。

下から上って来て入ったレンジという事実なので。何回も何回もレンジ上限でショートするのはアレなので。


ワンチャンスの理由

前回の動画でも翌日にレンジになると想定して一度だけショートします…って言いましたけど、なんで一度しかショートしないかって言うと次に上がってきた時っていうのは前の動画でもお話ししましたけれどもこの記事ですね。

この記事。サポレジ転換のこの記事。トレード手法→大衆心理…というカテゴリーの中のこの記事の中で…もう覚えてらっしゃいますよね。

2~3個前だったかな。こういうことになってしまうので、美味しいのは1回だけかなと。

2回目以降はどんどん優位性が下がっていくので「1回だけここでショートしまっせー」って話をして水曜日にショートして獲って。

ドテンロングは時間的にもせずにニューヨークが終わる直前ですからね。ニューヨークの午後は新規エントリーはしない。

ポジションを持っている場合はオーバーナイトすることもありますけど。

で、翌日にあっさりと抜けて木曜日は特にトレードすることなくドル円に関しては個人的には思ったほど押して来なかったのでノートレ。

で、金曜日は前日の高値をちょいと抜いて、行って来い以上に戻ってきていると。もういいですよねこれ。

だからここでショートができると。私の教材を持ってる方なら。もう何回も話しているので大丈夫ですよね。

Aの02とかですか。Aの02とかを使ってここでショートができると。

私は昨日の早朝からずっと丸1日ちょっとお出かけしていたのでトレードしてないですけど、していたらここでショートできましたね。

いいですよね。A02。何の問題もない。

この環境で…4ページの環境を想定していて短期足でこうなった。だからここでショート。

いいですよね。何も難しいことは無いと思います。


こう言うところでロングするのはNG

一応補足しますけどここでロングしないでくださいね。

よく出てくると思うんですけど11ページの条件を満たしていないですし、それとあと14ページですか。

ロングしないケースって書いてあると思うんですけど、こういう場合はこう言うところで押し目買いしないでね~って。

まあそれよりも勢いがね。行って来いって言うか、こう上がってきたのに対しこうじゃないですか。

この角度を見て頂ければ。横軸もやっぱり意識して欲しいんですよね。

55本に対して18本とか。ここまで到達するのに15本とかですよね。こっちは55本なのに…みたいな。

上位がこういう環境ですから。4ページを想定しているからっていうのもありますね。

自分が想定していたので。それは前回の動画でも4ページのようになるってお話ししていたと思うので。

ただ未来のことを話すわけにいかなかったので「そうしましょう」って断定はできなかったですけどね。

話していたら鼻の通りがよくなってきましたね。


チャート解析≒大衆の気持ちを読み解く

認識できる?頻繁に起きているチャートパターン

ユーロドルの1時間足に切り替えました。

この線って確か私の教材を学んでいる方から頂いたお問い合わせに基づいて引いた線だったんですけど、その線意識されていましたね。お見事です。

その方はまだFX歴1年ちょいだっていうふうにおっしゃっていたんですけどすごく勉強家でですね。

質問の内容も結構高度で。質問の仕方も答える側が何を聞いているのかも分かりやすい…質問をし方がうまいんですよね。

やっぱそういう人にはこちらとしてもすごく一生懸命答えなきゃ、教えてあげたいって気持ちになりますよねやっぱ。謙虚であることと。

たまに失礼なメール…問い合わせが来ることもあるので。

やっぱ仕事とかももしかしたらできる方なんじゃないかな。

意識されているからこそそのライン上でこういうふうに行ったり来たりしていると。

サイン波みたいになってますよね。30分足にしてここをゼロ。縦がy軸で横をx軸とするとyにゼロを行ったり来たりサイン波の振動しているみたいですよね。

数週間前のYouTube動画でも頻繁に起きていたチャートパターンですね。

それを踏まえて15分足に切り替えますと。まぁそれを踏まえなくてもですね…もう1回1時間足に戻りますね。

この意識されているライン上の…ここが意識されるだろうっていうふうに想定したのであれば「この付近で注意深く観察しよう」ってなりますよね。

ここは意識されるだろうってそもそも認識していないのであればいつも通り直近のこの流れに沿って…っていう感じになるんですけど。

ただまぁここを気付かなかったとしてもですよ…前回普段引かないトレンドラインを引いて流れを見るなんて話をしたと思うんですけど水曜日の時点ではね…

ちょっと大きくしますね。5分足。ここが木曜日。水曜日、前回動画撮った時はこんな感じでしたかね。

このぐらいだったかな。朝撮ったんだよな確か。

こんな感じでトレンドラインを下回ってないから目線は上のままですよねって話をしたと思うんですよ。

で、木曜日のアジア時間に例の18ページだったかな。もうページ覚えちゃいましたけど。しょっちゅう話してるので。


こんな感じで大衆の逆をやってるだけです

直近の流れが上、目線が上でいるとき18ページのチャートパターンになったので、こう言うところでロングした方もいると思うんですよ。

でも直近高値にギリギリ届かずに…どこにリミット置いてるかによるんですよ。

直近高値のちょっと手前…ってやってる人だったらおめでとうございます!なんですけど、直近高値ぴったりとかそれよりもちょっと上とか更に利を伸ばしたいという人は建値まで戻ってきてしまう…

で、建値撤退になるか損切り。こういうところで損切りになってしまったかなと。

上は23pips、下が20pips行ってないか。まぁだからここで建値まで戻ってきて含み損を…

1回ここトライしたのに抜けずに含み損を抱えてきたっていう時点で「あ、撤退しなきゃ」ってここで思わないといけないと。

含み損を抱えないで含み益の状態だったらまあ放っておいてもいいんですけど。含み益の場合はね。

なんでかって言うと大衆の逆をやってるだけですよ。

大衆っていうのは含み益が減ってくると、「なんとかプラスの状態で決済したい!」ってなるので戻ってきたら薄利ですぐ撤退するじゃないですか。

でも含み損になってしまったら、「せめてプラマイゼロになってから撤退したい!」ってやるじゃないですか。

だから含み損を抱えているゾーンで決済するということは恐らくしないと思うんですよ。

こういうところでロングしたら絶対それよりも上で決済したいっていう風になって我慢するじゃないですか。こういうゾーン。

だから逆をやってこういうゾーンで揉み合ってるんだから少しでも有利な場所で十数pipsの値幅がありますよね。

だから含み損を抱えたら戻ってきたところで決済する。

少し損してますけど、数pipsマイナスですけど我慢して含み損が20pips、30pipsになってから損切りするよりはいいですよね。


大衆は我慢するところが違う

でも大衆トレーダーっていうのはゼロに戻って来るまで我慢する。

今回の場合はここまで戻ってきるのでオーバーナイトすれば、我慢すれば建値まで戻ってきて「あ~よかった~ε-(´∀`*)ホッ」ってなるんですけど。

タイミングさえ合えばここで一気に伸びて利益…ここでロングしてここで決済すれば10pipsぐらいの利益になるんで、今回の場合はそれでよかったかも知れないんですけど毎回毎回それやってると利益は残らないです。

で、こう言う話をした後に微損で撤退して戻ってくると…

「なんだ持ってればよかった!」
「ちゅーとちゃがすぐ損切りしろって言うから損切りしたのに戻ってきたじゃないか!」
「うわっ!利益取り損ねた!」

とか言って逆恨みする人が居るんですけどそう言うのはやめて頂きたい(笑)

私の話は飽く迄も参考にして頂いて。「私が言ったからやる」ってのは止めて欲しい。

最終的な決断は自分でして欲しいです。私に従うかどうかを決めたのも自分自身なので。

負けたからと言って私のせいにしないで欲しいです(笑)

小学生みたいなことを言うと、「じゃあ私が死ねと言ったら死ぬのか?」ってことですよ。

私の言ったことに従う時と従わない時があるって事はそれを自分で選択しているって事なんで、言われた通りにやった…とかじゃないと思うんですよ。

今回は言われたことに従った…っていうだけなのでやっぱり自己責任になるかなぁと。


チャートはこうやって読み解く

結局これだけ翌日上昇しましたけどこれは結果論ですし。

先ほどのドル円と同じで、ここで抜けると想定してロングしたのに抜けずにこんなに深く押してきてしまったと。

ここも前の日の攻防…大陰線あるじゃないですか。大きな上昇の波が。

こいつすらも下回ってきているので例によって例のごとくいったん調整に入るな~一旦ですよ。

ずっとじゃないです。いったん調整に入るなっていうふうに想定できますよね。

そうすればまた上限付近で例えば28ページかな。28ページとかを使ってレンジ逆張り戦略が取れるかなと。

こう言うところで…線引きませんけど。ちょっとはみ出てますけど。15分足にしましょうか。

はみ出てますけどその辺は余裕を持ってリミットと同じかそれよりも短くストップを設定すればいいので。

結局ここでショートしたとしても思ったほど下限まで行かなかったので。あと週末ということもあるのでこの辺で撤退か…まだチャート動いてますね。

あ、そうか。土曜日の5:50なので今。まだ動いてるんですね。証券会社によっては。


リスクはゼロにならないが減らすことは出来る

ポジション保有期間について

常々申し上げてますが金曜日は早めに…ニューヨーククローズする2~3時間前には余裕をもってクローズした方がいいですよって言ってると思うんですけど。

こういうところでショートしたらこの辺で20pips程度取ったところでもう時限撤退した方がいいだろうと。

特にデイトレーダーだったら土日はさすがに挟んだらまずいので。

デイトレードしてるって事はそれなりのハイロットでやってるはずなので、そのポジションを持ったまま土日を越すってのはちょっと危険かなと。

スイングトレードとかだったらイチイチ週末に決済していたら利が伸ばせないのでちょっと話が変わってくるんですけど。

ポジションサイズも小さいと思うんでデイトレとかに比べれば。

保有期間が長いからストップまでの距離がデイトレに比べて遠いはずなのでスイングだったら。なので土日挟んでも仕方が無いかな。

私は怖くてできないですけどね。特に今年の年末年始…週末じゃなくて年越しですか。年越しみたいなので4~500 pips もあんな風に動かれたら1日で。

いくらスイングでもちょっと怖いですよね。

あとフランショックなんか予測できないですよね。

年越しとかなんでもない普通の日にいきなりあれだけ動いたので。あぁ言うのはもう本当に交通事故だな~って。あぁ言うのがあるので怖いですよね。

だからストップは常に設定しておくと。

まぁフランショックなんかが起きた場合、ストップを設定しててもめちゃくちゃ滑ってみんな大騒ぎしてましたけどね。


シンプルだから同じことしか言わない

ということで今回の動画はこんな感じですかね。youtube撮り始めて1か月ぐらい経つのかな。

1か月ぐらい経つと思うんですけど、もう目新しい話があまり出てこなくなってきましたね。

本当に私の教材を使って同じ事を淡々とやるだけなので…難しくないですよね。

自分がもう何年も使ってる手法だからかも知れないんですけど、私は自分の手法がすごくシンプルで再現性が高くて分かり易いな~と思うんですけどいかがでしょう。

自分が理解しているから他の人にも簡単だろうって思っちゃうのはバイアスなんですけど。

ただ一目均衡表とかボリンジャーバンドを使って更にオシレーターを組み合わせでごちゃごちゃごちゃごちゃやっている手法…

あと聞き慣れないようなインジケーター使って…ローソク足見ないでそのインジケーターだけでトレードしようとする…っていうよりは遥かにシンプルかと。

今は説明のために線とか何だとか色々引いてますけどこんなのは脳内で線引けばいいだけの話なので。

慣れないうちは色々線引いたほうがいいと思うんですけど余り線引いたら結局どれがじゃあ有効なの?ってのは分からなくなるんで。

上手くなってくると線減ってきますよ。最初のうちは線だらけになっちゃって線が面になっちゃうんですよ。線引き過ぎて。

1次元の集合は2次元ですよね。だから線引き過ぎると面になっちゃうんですよね(笑)

でもそれを段々「ん?これ要らないな…機能してないな」って感じで必要な線が分かってくるので。

そうすると最終的には何も…こんなトレンドラインとか引かなくたってパッと見で…

まぁ分かりますよね。こういう角度で上がってきたのが横になった…こんな線引かなくたって分かりますよね、多分。

ということで今後とも私の手法をよろしくお願いします。

それではまた次回お会いしましょう。




ちゅーとちゃの手法&ルール全て

最も効率よくプロのスキル&相場観を身に着けるメソッド。

【期間限定】ちゅーとちゃオリジナルのEA469本が無料!パンローリングの本100冊分の手法/全ロジック公開

パンローリングの本100冊分の手法が盛り込まれています。無料でゲット出来る期間限定キャンペーン実施中!

無料書籍をゲット

無料で配布しているトレード本を見つけたので紹介しておきます。サンプルもあります。