FXは後出しジャンケンで勝つ!/ライン上の揉み合いを利用した逆張り手法/大衆心理は利益の源泉



大衆心理は利益の源泉

ギャップとスパイクを利用した手法

こんばんは。ちゅーとちゃでございます。

今は2月20日水曜日、もうすぐ10時ですね。9:54です。

最近ブログに記事を2個追加したので、よろしければご覧ください。

簡単で高勝率!この優位性を逃すな!ギャップ(窓)を利用した手法2つ/大衆心理を利用するとはこう言うこと

ギャップを利用した手法2つをそのメカニズムと共に深く解説。どの手法も「大衆心理を利用したものである」と言うことがよくわかることでしょう。

スパイク(ヒゲ)を利用した手法2つ/誰がなんのためにダマシをするのか?/大衆心理がいっぱい詰まってる場所

ヒゲって目立ちますよね?大勢のトレーダーが見ていると言うことは、そこに利益のエキスがたっぷり含まれていると言うことです。これを見逃す手はない!

ギャップ―――窓についての記事と…後はヒゲですねスパイクについての記事。

ギャップとかスパイクを利用した手法とか。

どうしてそう言う動きをするのか。

窓だったらなぜ窓を埋めるのか。埋めた後どう言う動きをするのか。

どう言う優位性がそこに発生しているのか?とか。

ヒゲって何?みたいな。

ヒゲが分かったところでそれを利用してどうトレードすればいいの?みたいな。

そう言うのご紹介しているので興味があればご覧ください。


トレードしてはダメな局面を見極める

で、今日のドル円とユーロドルですけど…今日もまだノートレです。

今表示しているのはドル円の1時間足ですけど、ドル円は4日間連続でこう上がって来てますよね。

楽しみですね。今日この後どう言う動きをするのか。

この上に111円と言うキリ番が控えているので、ここでどう言う攻防を見せるかって言うのがポイントになるかなと。

15分足に切り替えるとこんな感じ。

昨日のこの高値がやっぱり意識されてそこで行ったり来たりと言う展開。

昨日のこの高値って言うのは実は先週のこの高値―――暴れたところのこの110.8円。

ここが意識されて昨日高値で止められて、今日はそのライン上で攻防が起きてる。

「オレが!オレが!オレが!」みたいな。

「上だ!上だ!」

「イヤ、下だろう!下!」


って感じで争いごとが起きている…と言う状態。

こう言うところでトレードしないよう気を付けて下さい。

投資助言になってしまうので「トレードするな」とは言いませんが。

「自分のはこう言うところで逆張りする手法なんだ」

って人はこう言う局面を逆に利用してトレードする…って言うのもありなので。

ただ私の手法を使おうとしている方はこう言うところでトレードしないように気をつけてくださいねと。

いずれにしろ投資はどこまで行っても自己責任なので、そこのところよろしくお願いします。


FXは後出しジャンケンで勝つ!

予想は必要ない。事実を確認するだけ

重ねて申し上げますが私の手法は後出しジャンケンです。

なのでこのような決着の付いていない場所に近づいて争いに巻き込まれることのないように。

戦争が終わった後、勝った方付いて行けばいいので。

なので戦いの最中に戦場に飛び込まないように。

そう言うところで無駄にトレードするからせっかく積み上げてきた利益が飛んでトントンになってしまったり利益が殆ど残らないと言う状態になってしまうと。

毎日毎日無理にトレードしようとしない。

難しいところとか、丁半バクチみたいなことはしない…と言う選択をしましょう。

こう言うところで「トレードしない」ってのは稼ぐこと以上に重要。

損をしない積み上げた利益を減らさないためにも。


サラリーマン時代の固定観念は捨てよう

「毎日トレードしなきゃ(゚Д゚)!」

みたいな変な強迫観念に駆られていると、こう言うところで余計なことをして利益を吐き出すと。

損するぐらいならトレードしなければいいだけなので。

なんとかそう言う思考になるように。サラリーマンの思考からなんとか離れるように。

「毎日毎日稼がなきゃ!」

と言う変な固定観念は捨てて。

現に私も今日はトレードまだしてないですし。

税務署に行ってたって言うのもありますけど、夕方には帰って来てましたけど。

私のトレードは夕方からが勝負なんで。

でもまぁ「まだ決着ついてないなー」と言うことで手は出してないんです。


ライン上の揉み合いを利用した逆張り手法

ユーロドルも同じですね。

節目であるライン上にずっといる状態で、まだ決着付いてないですよね。

様子を見たいので、こう言うところではトレードしないようにしましょうと。

こう言う節目上の揉み合いを利用した逆張りとかをやっている人はそれでもいいと思います。

こう言うところでショートしてドテンロング、ドテンショート…を繰り返せば結構獲れますしね。

そう言うことやってる人はどうぞご自由に…ですけど。

私の手法ではそう言うことやらないので。

そう言う手法に関しては教えることが出来ない。

なので私の手法を使っている方はこう言うところでトレードしないようにしましょうと。

決着が付くまで。


予想でトレードするからギャンブルになる

予想は出来ますけど飽く迄もそれは「予想」。それ以上でも以下でもない。

予想はギャンブルでやること。

トレードからギャンブル的要素を少しでも排除したければ、事実を確認してから入るようにしましょう。

「確認してからだと入りそびれることがある」

って言う人いるんですけど、それはそれであきらめましょう

「決着が付くまで待っていたらなんか凄い勢いで行ってしまって、今さら入れなくて利益を取り逃がした…」

ってなることもありますが、それも慣れましょう

それが嫌だからと言って、まだどっちに優位性が出ているのか分からないところでトレードするとビックリするぐらい負けます。

利益を取り逃がす、要するに機会損失をするのが嫌だからと言ってギャンブルトレードはしないようにしましょう。

優位性が高まったところでだけ入る。

入れなかったら諦めて次のチャンスを待つ。これが大事。


たったこれだけのことで食っていけるのに

月10pips獲るだけで生活できる

チャンスは毎日来るので焦って稼ぐ必要はありません。

それが出来るようになれば、あとはロットを調整すればいいだけ。

1ヶ月に10pips取るだけでも食べていけるんですよ。

為替って言うのは。

1000万通貨で10pips取れば100万円の利益ですよね。クロス円なら。

月100万円…生活出来ますよね?

毎日毎日20pips、30pips獲らなくても、月300pipsなんて目指さなくていいんです。

毎日10万円をコツコツ稼いでも月200万円ですよね。20日なので。

それよりも1日で1000万円とか、3日で300万円稼ぐ方が簡単です。

例えば1ヶ月でチャンスが3回あったとします。

「ここだ!」って言うチャンスが3回。

そう言うところで10pips獲ったとしますよね。1000万通貨で。

するとそれだけで100万円じゃないですか。

3回のチャンスをモノに出来れば30pipsで300万円。

他の日はやらなくても月300万円確定です。


3ヶ月連続100万円より3日で1000万円の方が簡単

ちょっと話に無茶があったかな?じゃあこうしましょう。

毎月100万円を安定して稼ぎ続けるより3日で1000万円稼ぐ者が簡単

と言うことです。

毎月無理に安定させて100万円100万100万円…

って稼ぐにより優位性が極限まで高まったところでだけ「エイヤー!」とやって3日間くらいで1000万円稼ぐ方が圧倒的に簡単です。

どっちが現実的か?どっちが良いか?どっちが金額大きいですか?

金額はロットを調整すればどうとでもなるので。


国内業者の闇

1000万通貨くらいだったら約定拒否とかされることもそんなにないので。

国内業者の場合は知りませんけど。

ちゃんとその辺は調べて色々使い倒してみて「ここはダメだな」みたいに自分の目で確認するのが間違いないです。

表面上のコストとかスプレッド、スリッページとかに惑わされないように。

手数料取らないのにスプレッドが0.3pipsとかそう言うところはダメだと思って間違いないです。

現実的に有り得ないんで。0.3pipsなんて。

10万通貨ぐらいで遊んでるならそう言う業者でもいいと思いますが。

恐らくそう言うところは100万通貨を超えてくると急に注文が入り辛くなったり滑る…3pips、4pips滑るのなんて当たり前~とか。

後、指標時にスプレッドが異常に開くとか。

そう言うのがあるので健全な手数料やスプレッドコストを取るような証券会社が長い目で見た時はお得だと思います。

あと相性もあるんでね。

デイトレ向けスキャル向けスイング向け…色々あるので。

そこはね。さっきも言ったように実際試してみて、自分に合ったものを選ぶしかないです。

ブログではオススメとか書いてますけど、最終的には自分の目で確かめた方がいいです。

何事も経験なので。

と言うことでドル円とユーロドル…まあ決着が付いたらまた動画でも撮ろうかなと思います。

それではおやすみなさい。