【プロの目】チャートは速度と角度が重要



生のチャート解説

高いパフォーマンスを出すには

皆さんこんばんは。ちゅーとちゃでございます。

現在は夜中の1時8分です。日付変わりまして4月11日木曜日です。

水曜日の深夜ってことです。

昼間雨降ってたじゃないですか。子供も今日休みで。幼稚園お休みで。

入園式でうちはお休みだったんですがずっと雨で出掛けられなくて家でゴロゴロしてて一緒に昼寝とかしてしまいました。

それでちょっと夜寝れなくて。せっかく静かなのでね。昼間だとヘリコプターとかたまに来たりして五月蝿いので。

せっかく静かだからこの時間を利用して動画を撮ってみようかなと。

それでは肩の力を抜いてゆるーくチャートの解説でもしていこうかなと。

やはりですね力を入れて画面に超近付いて過集中してチャートを見ると視野が狭くなってしまったりとか。

あと人間が最も高いパフォーマンスを出せるのって緊張状態が解れてリラックスした状態なので。

意識的に肩の力を抜いてワザとゆるーくザックリした感じでいこうかなと。


トレードしてはならない相場環境

それではドル円1時間足行ってみましょうか。

先週のこれ金曜日までのを表示しています。月曜日からは隠してます。

ずっと上昇上昇上昇できたと。目線はこの時点では上ですよね。

ずっと左側見ればこう言うのいますけどこんな古い場所はもういいですよ。見なくて。

キリがないんでね。古いとこずーっと見たら十年二十年遡れちゃうんで。

上の時間軸で日足でスイングとかやってる方は意識していいかもしれないですけど、私個人的には1時間以上の足は見ないようにしているので。

ここは私は意識しない。

で、この状態で月曜日アジア始まっていきなりズドーンと来たわけですよね。

ちょっとこれだと見づらいので15分足に切り替えると。

ここ月曜日のスタートですね。月曜日スタートしていきなりズドンと。

あ、線はね大体2回止められた場所、2回以上止められた場所とか、あとは雇用統計かなんかですかね。

で作られたこの高値と安値。まあ目立つ場所とあとは先週の木曜日とか。

私が何でここに線引いてるかわかると思うんですけど、まぁこことここに線引いていて。

私が注目していた線はここだよと。

で、月曜日のアジア時間に大陰線を描きながら下がってきて、意識される場所で一応反発した。

反発したんだけども結局下にブレイクしたと。

意識される場所で反発して攻防があったと。攻防があったんだけどその安値をもう一回下に抜けたと。

にもかかわらずですよ。今度はその攻防があってこのね…ここですよね。スタート地点の一番上。

ここで大陰線を描いてきてここで意識されるじゃないですか。

意識された場所で反応したと。

ここで攻防が起きるわけですよね。その攻防で売りが勝ったわけですよね。

で、売りが勝ったにもかかわらずそれが更にダマシで上に抜けてしまったと。

もうこうなってしまったらお手上げと。

私は個人的には欧州の開始時間なので、私がチャートを見た時はこうなっていて決着が付いたと思っていたんですが待っていたようなチャートパターンにもならないしこんなことが起きてしまいましたし…

もうこれは分からんと。

先週2回ぐらい撮った動画でユーロドルの方でしたけどユーロドルの方でも「ちょっと難しくて分からん。うじゃうじゃし始めたらちょっとトレンド転換を疑いつつレンジ逆張りの手法を使う」みたいな話をしたと思うんですけど。

ユーロドルも月曜日ぐちゃぐちゃっとなったんで。

そもそも金曜日も汚いですしね。

ここの部分は雇用統計というか指標発表だと思うんですけど、それがなかったとしてもまあ汚いというか。

1時間足で見てもヘッドアンドショルダー作るっぽいなーっていう。まあわかんないですけどね。この時点では。

ここ抜けたのに全戻ししてるじゃないですか。

お馴染みのアレねっていう。

ヘッドアンドショルダーにならないにしても1回調整が入るかなって。この幅でレンジを作るかなと言う。

この間でレンジを作るかな~とかそういうことをいろいろ考えるわけですよ。


質問を頂いたので動画で回答します

そんな状況下で次火曜日ですね。

ドル円、また月曜日に汚い上ヒゲにぴょんと。この辺でショートしていた人がいるのかどうか知らないですけど世の中にはいるでしょうね、そういう人。

トレンド転換を早めに嗅ぎつけてこういうところでショートポジションを持っていた人たちをこういうふうに振り落とすような動きをしてから本格的に下落したと。

下落したんだけれども再びここでまた意識されたと。綺麗に横で止められてますよね。

で、アジア時間が終わって欧州が入ってきたところで攻防が起きたと。

もう小学生でも分かりますよね。

このライン上で攻防が起きて決着がついた。こうなったらもうようやく我々の出番じゃないですか。

私の教材を持っている方からここに関してご質問頂いたのでこの動画をお借りしてその回答をしてしまおうかなと。

質問してきた人がいるということは同じ疑問を持ってる人が他にもいると思うので。

質問はですね、ここの攻防…例えば教材の8ページありますよね。

8ページ見るとこれを1本として認識するのかとかそれともここを1つの波とするのか?みたいなことで迷っちゃうよ。という質問があったんですけど。

結論からいうと一つの波としてみて良いでしょう。

ここは節目を抜けるための攻防なので、アルファですか(笑)

アルファはここでいいです。

8ページ見ていただきたいんですけど。

見ていいんですけど、ここでしっかり攻防してるしここ一直線で超分かりやすい大陰線ですから応用編の方を持ってる方だったらちょっとわかると思うんですけど、まあこんな感じでいいですよ。


チャートは速度と角度が重要

あと判断なんですけど戻り方によってまた変わってくるんですよね。

戻ってくるスピードとか。あまり言っちゃうとアレなんですけど(笑)

戻って来るスピードとかでどこまで引きつけるかって言うのが。

教材の方でも良く言ってると思うんですが行って来いに…何だろうなぁ。

教材のページというと例えば13ページとかね。13ページとかになったら~みたいな。

13ページにならなくて今回のように…今回は戻ってくるスピードがほら、アジア時間でこう…あれじゃないですか。

ちょっと歯切れが悪くて申し訳ないんですけど、あんまり言っちゃうとバレちゃうから(笑)

説明が難しいなと思って。例えばですよ私個人的には欧州の開始前後にエントリーすることを狙っているので。

なんでかっていうと前にもお話ししたかもしれないですが欧州時間にV字で反転…

アジア時間と反対方向にプシュッとV字で行くみたいな優位性があるのでそういうのを利用する意味で欧州時間…

日本時間で言うと3時から夜の9時までの間とかそれぐらいの間でなるべくエントリーするようにしてるって言うのがあるので。

その欧州時間が始まった時点でこういう形になっていたのでこの時点でこういうところまで引きつけるっていうのは現実的じゃないなって。

要するにこの時点でここまで戻してくるってことは上への圧力が強いってことになるので。

もしここまできたらショートを逆にしないみたいな。

この後例えば欧州時間こう始まる前こうなってるとするじゃないですか。

欧州時間が始まって一気にここまでグオーって例えばここまで引きつけるって考えてたとしてもこの短時間で勢いよくギュオーってきたらそれはちょっとショートしないかな。

だから戻ってくる勢いって言ったんですけど。わかりますかね。

答えだけ言うと私は111.25ですね。前も話したんですけど 5pips 単位で見てるので。

ここにちょうどいいところがいるので、目立つ奴がいるんでまぁこいつぐらいは少し狩ってから行くだろうと。

ちょうど111.23なんですよね。だから111.25でちょうどいいやってことでここで指値のショートを私は個人的にはですけどね。

それでもし指値に引っかかって一気にグオーって行くようなことがあったら損切りしますね。どっかで。

すぐには損切りしないですけど上って来て少し押して来たら…少しでも損切りの幅を小さくしたいので。

例えばこういうとこでショートして持ち上げられて、例えばこういうとこで損切りしたら30 pips のマイナスじゃないですか。

でもちょっとでも戻ってきたところで損切り…こういうところで撤退すれば15pips とかで済むので、損切を15 pips 節約できたみたいになるんで。

もしここまで一気に勢いよくグォーって上って来たら押してきたところで撤退するとかをしますね。

なのでこう言うところでショートはしないってことです。

これを1本の波と見ていたとしても一気にグオーって上ってきたらしない。

この波よりもゆっくりこうやって上ってきたらいいんですけど。

要するに角度を見るって事ですね。

角度を見るって事は横軸…時間軸を見るって事なので。これで回答になってますかね。回答になってなかったらまたメールください。


専業トレーダーはこう認識する

リアルタイムのチャートで解説

今いきなり水曜日の話ししちゃってましたけど火曜日は火曜日でこれノートレですね。

火曜日のお話ししてなかったですけど火曜日はその月曜日のこのわけのわかんないチャートの続きなので。

決着ついたけど火曜日の時点で戻ってこなかったので私の手法では入ることができなかったと。

ただその続き水曜日あってこの下でウネウネアジア時間ウネウネ…どっちかって言うと下の方でウネウネしてくれたじゃないですか。

なので一旦振り落としの動きが来るだろうってことでこういうところでショートすると。

いいですよね。

A01とかその辺ですかね…を使って。

もう何度もお話ししているので多分大丈夫だと思うんですが。

タイミングによってはヒゲなのでスプレッドが開いて入れないとか111.3まで引きつけたら入れないとかあると思うんですけど。

1時間足で見るとキレイなヘッドアンドショルダーを作ってトレンド転換したねと言うところですね。

あとはどこまで押してくるか。これはもう一個大きな足で見るとこういう上昇トレンドに対する調整ということになりますからね。

こういう大きさで見れば。もう少し小さい時間軸で見るとトレンド転換したよ。

トレンド転換しているので今目線は下だよと。

そんな綺麗なチャートなんて滅多にないですからね。こういうことも十分起こり得るので。

ここで安値更新してるじゃないですか。ちょびっとこうやって。

あ、未来のお話してますけどこれ参考にしてトレードしないでくださいね。僕捕まっちゃうんで(笑)

未来がこうなります、こうなるかも知れませんとかいう話をしてそれに従ってトレードして勝ちました負けましたとか。

私が未来の値動きに対してアドバイスしたことになっちゃうので。それはいけないことなので。

こうなるかもしれないって一般的な話であって、これから先こうなるでしょうって話じゃないですかね。

こういう動きも十分考えられますよとか。こう言うね。

ここでトレンド転換したからってすぐに「じゃあ転換した!上!」とかじゃないですよって言うことで。

こうやってダマシて。こういうことしょっちゅう起こるんで。

または一回ここでトレンド転換したと思った人たちがロングするから下の圧力とロングの圧力で一旦レンジに入ってから…

入ったとしてもそんな長くは続きませんよ。で、こう言う風になるとか。

その辺は気をつけていただければいいかなと。

そうなるかどうかの判断の基準はここをどれぐらい抜けるかですよね。

ここを大して抜けずにここから…今119.895ですよね。今。

これリアルタイムのチャートなんですけど。

ここでまたこれっぽっちしか抜けずにこう大きく戻ってきたら「ん?」って考えるということですからね。

いいですよね。あんまり喋ると…(笑)

あんまり未来のチャートについて話せないんでね。申し訳ないんですけど。


アッセンディングトライアングルとは

気を取り直してユーロドルいきましょうか。

ユーロドルはね重ね重ね難しい環境になってきましたねと。

先週とかその前ぐらいから、このへんぐらいからぐじゃぐじゃ1時間足だとそうでもないかもしれないんですけど15分足レベルとかで見ると汚らしくなってきたし。

これもさっきのドル円のヘッドアンドショルダーの反対パターンになっているじゃないですか。

ここがヘッドで…みたいな。

汚くなってきたんでそろそろみたいな。

ただ明確なトレンド転換してないからいきなり目線を上にするんじゃなくて、飽く迄もレンジで調整を想定し目線は明確にトレンド転換するまでは下ですよと。

って話をしてたと思うんですね。汚らしいしここチョンと抜けてバランス的にも下が小さくて全戻しして。

ここを前回かな?先週の動画でここのレンジもみ合いを全部ここでリセットしたんで…みたいな話をしましたよね。

で、月曜日どうなったかというとレンジに入るかなぁと思ってこう下まで来るのを期待していたんですが下まで来ずに先にこっちの高値の方に来てしまったと。

この28ページとか。こういう逆張りするんであれば一旦目標に到達してから戻ってきて欲しいというのはありましたよね。

それをせずに中腹あたりでもう折り返してきてもう1回高値にトライしてきてしまった。

要するにアッセンディングトライアングルですよね。

但しアッセンディングトライアングルだとはいえその前の流れは下なのでこれは何を意味するかというと大きな流れが下で、もう1段下の流れは上…

要するに下と上の攻防が起きると想定できるわけですね。

攻防が起こるということはレンジになりやすいということですよね。

そこで15分足に切り替えますと。


私の損切はこんなに小さい

15分足に切り替えてどうなったかというとこれ金曜日ですね一番右側。

金曜日これで…あ、カップアンドハンドルがどうのこうのって確か前回言った気がするな。

で、決着が付いてウニャウニャって話しましたね。

で、この下限に届かず上に来てしまいました。

で、レンジの下限に到達せず上に行ってしまったんですが、私はこの時こう見てたんですね。

まぁデイトレーダーですし。ここでちょっと三角っぽいことが起こるかなーとちょっと思ったんですよ。こういう風になってるんで。

ここの安値も結局更新せずにこう跳ね返ったじゃないですか。

だからはあと一回くらいはワンチャンあるかなと。あの28ページですよ28ページ。

28ページワンチャンあるかなと思って実は恥ずかしいことにこの1.125ですか。1.125でショートしましたよ。

見事に持ち上げられたんですけどね。

いつ転換が起こってもおかしくないっていうところでショートしたわけですよ。

恥ずかしいでしょ。で、持ち上げられて20 pips 以上含み損を抱えてさっきも言いましたけど少しでも押してきたところで撤退したかったんで翌日ですね。

ちょっとオーバーナイトしてここで撤退しました。

なのでまぁ数 pips 10 pips はいってないですね。6~7 pips だったかな。

6~7pipsの損切りってことですね。

この辺でエントリーして押してきたところで撤退しました。

ユーロドルは月曜日にここで逆張り28ページでやって翌日押してきたので数pipsの損切と。

かっこ悪いですか。でもここでエントリーして目標はだいたいこのぐらい30とか40 pipsぐらい。

もちろんその後の動きによってすぐ撤退するかレンジ下限まで持つかって言うのはあれなんですけど大体40 pips ぐらい。

30~40 pips は最低でも取れると思ってエントリーしたんでそれに対して数pipsの損切りなんでR倍数は悪くないですよね。

R倍数…40pipsだったら8とか。少なく見積もっても5とか6ですよ。

悪くなかったかなと。

ここで勝ったか負けたかとかここで勝てるか負けるか…そーだそーだ、言おうと思ってたんだ。


同じチャートパターンでも形成のされ方で意味が変わる

プロと素人の違い

多くの人が「ここでエントリーしたら勝てますか負けますか?」みたいなことを言ってくるんですが…いやあんまりないですけどたまにいるんですよね。

そのエントリーするときなんですけど、今回ここでショートして勝てるか負けるかなんてわからないですよ誰にも。

そうじゃなくてここでエントリーするっていうことを10回繰り返したらトータルで利益が残るかな?というふうに考えながらエントリーして欲しいんですね。

今回どうなるかどうかなんてぶっちゃけどうでもいいんですよ。

こう言うことを10回…例えば同じような状況が10回きたとしてそれを10回やったらトータルでプラスになるか?っていうのを考えてエントリーして欲しいです。

なんか一球入魂し過ぎなんですよ。一部の人なんですけど。

だから多分みんなと私の違いってその今回数 pips の損切りになったんですけど嬉しかったですからね。

だってたった数pipsのコスト…経費ですよね。仕入れ値ですよ結局。

ビジネスで言うと1万円で買ったものを1.1万円で売れば千円の利益じゃないですか。

10%の利益ですよね。コストに対して。

今回のトレードは何かというと40 pips の利益を得るためにたった5pipsとか6 pips の経費しか払わずに済んだってことなんですよ。

それ繰り返したら絶対プラスになるじゃないですか。相当勝率が低くない限り。

勝率2割3割でもプラスになるようなトレードですよ。今回の。

30~40 pips の期待が見込めるのに、今回損切りになりましたけど6 pips とかのコストで済んだ。

これは凄く嬉しいことなんですけどどうですかね。

私はだから今回こういうところで損切りになってすごく「よっしゃ!」と思ったんですよ。

もちろんこのまま持ち上げられてもっと大きな損切りに余儀なくされたら、まあそれはそれでちょっと「痛いなー」ってなるかもしれないですけど。

それでも当初の予定以上の損を出すことはないので。最悪の場合に備えてセーフティネット的にロスカットの位置をもっとずっと上の方に設定しているんですけど、そこに到達せず押してきてくれて損が6 pips とか7pipsとかで済んだというのはすごく。

当初予定していたロスカットの幅に比べたら相対的に得してるじゃないですか。

そういう思考ですかね。

結果がプラスかマイナスかじゃなくて当初考えていた損よりも少なくて済んだっていうのは得したことと同じっていう風に考えられるかどうかなんじゃないかな。

みんなその1pipでもいいからプラスにしようとして建値まで我慢してとか、例えばここ1.125でショートしたら1.125まで我慢するじゃないですか。

あと数pipsですよね。

でもそこまでもし我慢していたらこうね…まあ今日まで持ってれば戻ってきてますけどここまで。

ただどこまで行くか分からないじゃないですか。我慢して我慢して。しかも2日間もポジションを保有して。

そこなんですよね。違いって言うか。意地でもゼロになるかプラスになるまで我慢するとか。


ボラティリティを見よ!

まぁでもね想定通りというか…想定通りといっていいのかわからないですが難しい相場でしたよねきっと。

今週の前半。予定通りというか難しかったんじゃないかなぁと。

で、ここで上に抜けたので目線は一時的に上かなと。ちょっと微妙な抜けですけど。

抜けた後もみ合ってこう火曜日来た訳ですよね。

汚いわけですよ。このなんか抜けてるんだか抜けてないんだかはっきりしない。

ここは日付の変わり目なので商いが薄いので煮え切らないのは仕方ないんですが、ただ次の日、火曜日アジア始まってそこそこの陽線をつけたけども伸び切れず浅い。

今までのボラティリティに比べて浅いじゃないですか。

比較ですからね。今までの波に対して線を引きづらいぐらいちっちゃい抜けですよ。

これまたちょっと難しそうだな~って。だから慎重にならなきゃいけないところですね、ここ。

15分足でいうとこんな感じですか。火曜日こう抜けたんだけどほらもう汚いじゃないですか。ヒゲが。

こういう綺麗なはっきりした波じゃない。わかりますかね。こう言うのに比べて。

こういう波に比べて方向感がないからどっち行きたいんだかよくわからない。

一応抜けたことは抜けたけども…みたいな。だからこういうとこはやらんと。

さっきのドル円と同じように結局抜けたこの波と全部戻してきて。

これはもう一旦レンジになるか、あとは結局これダマシだったんじゃないの?っていう。

トレンド転換と見せかけてダマシだったんじゃないの?

この辺なんか空いてますしね。15分足で見るとこの辺がちょっと物寂しいな~って。空間が空いてて。

だからこう言うところを例えば23ページのような概念で上に来るかなーと。

23ページですね。もちろんくるかなっていう時点では何もしないんですけど。


アウトプットは自分へのフィードバック

やはり相場環境が難しいと説明も難しいですよね。今 youtube で週に2回とか動画とってますけどこれ自分のためになってるんですよね。

自分で説明がしにくいときっていうのは難しい相場だなって自分でわかるんでこうやってアウトプットするとすごくいいんです。

あ~凄く説明難しいなぁ~どうすれば伝わるんだろうなーって。難しい時って相場環境も難しくて、そういうときはトレード回数を控えたりとかちょっと疑ったりとか。

逆に説明が超簡単な時っていうのはイケイケで自分のトレード手法を使って愚直にやってれば勝てるっていうのが分かるんですごくいいんですよね。

チャート見れば分かるんですけど実際こうやってなんか人に説明しようとすると、より自分にフィードバックできるというか。

説明が難しいなこれ。あ、そうか。難しい相場環境だからだ。

じゃあいつもより精度を厳しくしようかなぁとか。

トレードルールをいつも以上にちょっと厳しくしようかなぁとか。

あとは不穏な動きをしたらすぐ撤退できるような準備しとこうかなぁとか。

これ自分のためにもなってるんでね。


ストップ狩りを利用したエントリー

で、今日ですね。水曜日今日何を考えたかというとドル円でヘッドアンドショルダーが起きたようにユーロドルでも反対側のヘッドアンドショルダーが起きて…

あ、反対じゃない普通のヘッダーアンドショルダーが起きるだろうと想定していたんですね。

ここの空間がいくかなと。

思ったんですけど欧州が始まっても、私がいつも参入するこの欧州の開始時間ですか、が始まってもこう抜けずに上にこう来てしまったんですね。結構ギリギリ上に。

で、あ、コイツは一旦この高値を…ここにストップ置いてる人絶対いるじゃないですか。誰がどう見ても(笑)

いつも言ってますよね。

ここまで来たら「あー!」って言って「助けてくれー!」って。こういうところにストップ置いてる人いるじゃないですか絶対。

ここまで来たんだったらストップ狩ってから行くだろうと思って例によって例のごとく1.1285にショートの指値置いてたんです。

で、こう行ったんですよちゃんと。1.1285こうやって。

行ったんですけど入れてなかったんですよね。

なんでかって言うと9時だったからです。

私9時過ぎるとエントリーしないようにしてるって言ったじゃないですか。

それがなかったらピンポイントでここでピンってショートしても一瞬で数10 pips 獲得して今頃ウハウハで自慢してたはずなんですけど。

ここでショートしてここで30 pips 取って直近安値、例えばここで。ネックの部分で利確して30 pips 取ったよって自慢するところだったんですけどね。

指値はちゃんとここでしてたんですけど入れてなかったという残念な結果に終わりました。

まあいいんですよ。そんなのはしょっちゅう起きてますから。もう慣れてます。

ということでいい加減そろそろ寝ないとまずいので今回の動画はこれにて終わりにしたいと思います。

それではまた週末に後半部分を撮りますのでその時にお会いしましょう。




ちゅーとちゃの手法&ルール全て

最も効率よくプロのスキル&相場観を身に着けるメソッド。

【期間限定】ちゅーとちゃオリジナルのEA469本が無料!パンローリングの本100冊分の手法/全ロジック公開

パンローリングの本100冊分の手法が盛り込まれています。無料でゲット出来る期間限定キャンペーン実施中!

無料書籍をゲット

無料で配布しているトレード本を見つけたので紹介しておきます。サンプルもあります。