安心!安全!安定!毎月100万円!毎月100pips!



安心!安全!安定!厨

毎月100万円!毎月100pips!

毎月いくら…毎月なんpips…

みんな毎月が好きですよね。何故か?

サラリーマン体質が染み付いちゃってるからですよね。日本語で言うと【月給取り】ですから(※サラリーマンは和製英語です)。

月単位でしか考えられない

とにかくこの思考から離れられない。親も友達も親戚もみ~んな月給取りだから。

小さい頃から親に安定!安全!公務員はいいぞ!と洗脳されてきた。

安定を求めるのが当たり前。その代償として成功もない。当然ですよね。

なのにFXを始めようとする人は、安定を保ったまま成功したい!と、まぁ虫の良いことを言い始める。

そんな都合の良い話はない。予測不能で不安定なビジネスにチャレンジするからこそ、その見返りとして成功があるのに。

命を粗末にせよ

【リスク】って言うのは不確定な未来のこと。どうなるか分からない。失敗と成功は表裏一体。

リスクが低いって言うことは、バラツキが狭いと言うこと。図の青い線。

失敗したときのダメージが小さい代わりに成功したときの見返りも小さい。

とある会長が言う。
会長のお言葉 命は1つしかない。だから大切にせよとみんな言う。

親も教師も…テレビに出てくる見識者とか言う輩…果てはミュージシャンまでもが言う。

命は大切にせよと。

だからダメなのだ。命はもっと粗末に扱うべきなのだ。命と言うヤツは丁寧に扱い過ぎると澱み、腐る。

最近の輩はみな己を大事にし過ぎて、結果、チャンスを掴むことも無くズルズルと腐っていく。

その点成功者は命の使いどころを心得ている。

ザコには分からん。ただ生きたいだけのザコにはな。

そこまで安定させなくても十分稼げるのに…

何が問題なのでしょう…

トレードは3ヶ月連続で100万円稼ぐより、3日で1000万円稼ぐ方が圧倒的に簡単です。

それでは不満ですか?

月100万円を目標にしているのなら、残りの9ヶ月は何もしなくていいんですよ?

最初から安定しているビジネスなど無い

不安定で、ある意味ランダムで予測不能なマーケットを相手にしているのに、安定を求めるってところがおかしい。

毎日、毎月、毎年、ボラティリティも変れば流動性、参加者の質、社会情勢…それこそ無数のパラメータがあってそれらは常に変化している。

なんで1円も稼げていないうちから「安定(・∀・)!安定(・∀・)!」と言っているのか。

そう言うのを求めるにしても、不安定でいいから1千万円ぐらいは稼いでからにしましょうよ。

基礎体力も無いのに一流プレーヤーがやってることを真似しようとする。

順番を飛ばし過ぎなんですよ。

どんな波にも乗ってやろうと言うおこがましさ

例えばドル円の月足チャート。

年によってこんなに値動きの特徴やクセが違うのに、どうやって収益を安定させるのでしょう?

値動きの特徴、クセと言うのは常に変化しています。変化したと思ったらまた戻ってきたりもします。

そしてそれは後になってからじゃないと分からない。

サーフィンだって、がむしゃらに突っ込むわけじゃないですよね。良い波が来るのをひたすら待ちますよね。

負け組トレーダーは誰も挑戦しないような波に突っ込んでいくからやられるんです。

どうしても安定させたければ徹底的にスキルを磨こう

技術を磨いてこそ安定する

そんな中で我々個人投資家に出来ることと言えば、損失を抑えながら手探りでエントリーし、稀に訪れるポジションの偏りに上手く乗ることが出来たらサクッと利益を頂く。

これをひたすら繰り返し、損失よりも利益の方が多くなるよう「技術」で持って行く。

相場って言うのはその性質上ギャンブルと言えなくもないですが、当てモノでもないんです。

競馬ならウマやタープの状態を見て予想して馬券を買ったらあとは祈るだけですよね。

でもトレードは違う。ポジションを持ってそれで終わりじゃないんです。技術力の見せどころはポジションを持ったあとですから。

FXは上がるか下がるかを当てるだけのゲームじゃない。相場の値動きに合わせて行動を選択し続けるゲームなんです。

当てるのではなく捌(さば)く

エントリーするときはロングが有利なのかショートが有利なのかを選択するので「当てモノでしょ?」と思いますよね。

言いたいことは非常によくわかります。でも、敢えて「そうではない」と言ってるんです。

先程も申しましたように「エントリーしてストップ&リミットを設定して終わり」じゃないからです。

エントリーした後も優位性が崩れたり、イメージしていたのと違う値動きをしたら例えば撤退する、ポジションを減らす、ナンピンするとかその時の状況に応じて何らかの行動を選択していかなければなりません。

その技術の部分もすべて含めて「手法」と言うのです。

エントリーはその手法の一部でしかありません。エグジットも同じぐらい大事なんです。

素人はエグジットを軽視しがちなので、そう考えるとエグジットを極めた方が成功率はグッとアップします。

大衆が見逃しているところに利益の源泉があるのですから。

お天気はどんなに頑張っても制御できない

出来ることと出来ないことがある

    我々に決めることが出来ること
  • 損失(ロットサイズ×ストップ)
  • エントリータイミング
  • エグジットタイミング
    我々には決めることが出来ないこと
  • 利益
  • ボラティリティ
  • 値動きの方向
  • 動くタイミング
ボラが無ければどんなに頑張っても利益は伸ばせない。リミットをコントロールするのは不可能。

【手法】って言うのは自分で制御できる部分のこと。言い換えれば「損失をコントロールすること」

制御出来ないところを何とかしようとする

勝てていない人の多くは月利何%だとか何pipsゲットだとか制御不能なところにばかり目が行っている。

どうやって勝つか。どうやって利益を安定させるか。

安定を求めるのは利益をコントロールしようとしていると言うこと。

勝ち組は「小さな損失を払ってチャンスを買う」ことしか考えていません。

「勝とうとする」のではなく「チャンスを買う」のです。負け組には無い概念です。この違い分かりますでしょうか?

「勝とうとする」のは相場次第なのでコントロール不可能「チャンスを買う」のは自分で選択できるのでコントロール可能

「チャンスを買う」…これだけ考えていれば利益は自然と残ります。

大衆の行動を客観的に観察してみよう

周囲にやっている人が多いと警戒しなくなる

素人はやる前から儲かったときのことで頭がいっぱい。自分が損するなんて夢にも思わない。

それどころか、もし儲かっちゃったらどうやって脱税しようか?なんて考える不届き者もいる。

もう勝った気でいる(笑) まぁセルフイメージは大事なので、それはそれでいいのかも知れないが…

FX業者や関連企業、出版社が「誰でも今すぐかんたんに稼げます!」のように集客しているのが原因。

一昔前なら、先物取引は危険だ!と言ってド素人は近寄らなかったのに、FXとなるとニートまで参加してくる。

FXも先物と同じ証拠金取引なのに。

日本人ってリスクを取れない民族なのかも

インフルエンザがこれから流行します!と報道されるとみんな警戒する。予防接種には行列ができ、マスクは売切れ御免となる。

こまめに手洗いうがいをするようになる。

しかしパンデミックが起こり、ご近所さん、お友達がインフルエンザに掛かりまくってくると警戒心が弱まる。

誰もマスクをしなくなり、大量に仕入れてしまった小売店による安売りが始まる。手洗いうがいも適当になる。

これ、日本人だけの特徴らしい。

初めてお目にかかるモノに対しては周囲の様子を伺う。みんなが群がっているとそれだけで飛びつこうとする。

中国人は初めて見るものでも儲かりそうならワレサキに飛びつく。早ければ早いほど優位性があると思っているからだ。

そりゃそうですよね。みんなが知ってる、みんながやってるモノがそんな儲かるわけありませんから。

彼らはリスクを取るのが上手いと思います。

関連記事

専業FX億トレーダーはここまで成績が安定している!

FXで専業を目指している諸君。平均的な専業トレーダーやスーパートレーダーと呼ばれるような人達がどの程度安定して稼いでいるかご存知かな?現実を教えてあげるよ。