スリッページ設定のメリット&デメリット 滑るの避け過ぎて大損するトレーダー多過ぎ




スリッページってどうして起こるの?知らない人多過ぎてビビる

「設定はいくつがいいの?」とか、そんなこと気にする前にちゃんと理解しましょう。理解すればいくつにすればいいのか分かりますから。

の続きです。

スリッページを0に設定

さて、前回の記事、「スリッページの仕組み」についてはよろしいでしょうか?

では次に、もし前回の注文で許容スリッページの設定を0にしていたらどうなっていたでしょう?
ゆりな
ゆりな
つまり、滑ることは許さない設定ね。結果は部分決済を許可するかどうかで変わってくるわ。

部分決済許可

ちゅーとちゃ
ちゅーとちゃ
一部決済(または部分決済)を許可する設定にしていた場合はどうなるかな?
ひとみ
ひとみ
110円で売りの指値注文をしたら、スリッページを許可していなくても50枚は決済されるわね。他に邪魔するトレーダーがいなければ。
何故なら、110円で買ってもいいよ~と言う注文は50枚しかないからです。

何度も申し上げている様に、買ってくれる人がいるから売ることが出来るのです
まけ太
まけ太
買いポジションの決済(利益確定や損切り)は売りだからな。
あかり
あかり
そして、今回の場合、残り50枚の注文は決済されず残ります

部分決済不許可

ゆりな
ゆりな
一部決済を許可しない設定にしている場合はどうなるかしら。
あかり
あかり
110円で100枚すべてを決済できないのであれば、決済しないと言う注文方法ね。
ひとみ
ひとみ
これは一目瞭然ね。110円で買いたい人の注文は合計50枚しかないから決済できないわ。つまり何も起こらない。
まけ太
まけ太
約定拒否ってヤツだな。
この場合、取引は成立せず100枚全てが残ります。

ここまでのまとめ

ゆりな
ゆりな
次の話に入る前に頭の中を整理しましょう。細かい条件を挙げだしたらキリが無いので、ざっくりとまとめたわ。

スリッページ未設定

  • 部分決済許可
  •  メリット:最速で全て決済される
     デメリット:少し滑る可能性
     ※この組み合わせは成行注文と同じになる

  • 部分決済不許可
  •  メリット:全て決済される
     デメリット:枚数が揃ってから決済するので少し遅い
     大きく滑る可能性

スリッページ0に設定

  • 部分決済許可
  •  メリット:滑らない
     デメリット:一部、又は全ポジションが決済されない可能性

  • 部分決済不許可
  •  メリット:滑らない
     デメリット:全ポジションが決済されない可能性

損切りとスリッページ

ちゅーとちゃ
ちゅーとちゃ
さて、ここまでよろしいでしょうか?問題なのはここからです。
スリッページや約定拒否。

利益が出ているときはちょっと悔しいって程度で済みますが、これがロスカット(損切り)のケースだったらどうなるでしょうか?

ロングしたあと下落…

    前回と同じようにあなたはドル円を100円で100枚ロングしました。

    あなたはリスク管理がキチンと出来るトレーダーなので、90円に逆指値(ストップ)を置いています。

    そして、残念ながらレートが90円まで下がって来てしまい、ロスカットが発動します。

部分決済許可(スリッページ未設定)

ちゅーとちゃ
ちゅーとちゃ
部分決済は許可にしており、スリッページは特に設定していません。つまり、滑ることを容認している設定です。
あかり
あかり
そのレートに達したら成行注文を発動すると言うことね。
あかりちゃんの言っていることが分からない人は前回記事参照
ゆりな
ゆりな
ここまで根気よく読んできたあなたなら、この注文がどのように決済されるか分かるわよね。
まず、最初の50枚は指定通り90円で決済され、残りの50枚は80円で決済されます。 (あなたと同じレートで売り注文を出しているトレーダーが他に居ない前提)
ひとみ
ひとみ
すると平均決済価格は85円で、5円滑ったことになるわね。想定より損失が広がってしまったけど、現実はこんなもんかしら。
ちゅーとちゃ
ちゅーとちゃ
うん。全く問題ないね。資金は守られたのでトレードは継続出来る。また次のチャンスを待てばいいだけ

部分決済不許可(スリッページ未設定)

ちゅーとちゃ
ちゅーとちゃ
では、一部決済を許可しない設定にしていたらどうなるかな?ちなみに100枚全てが決済されないなら取引しないって意味ね。
ひとみ
ひとみ
あなたが指定している90円には買ってもいいと言う注文の総数は50枚しかないので現在のレートでは取引されないわ。
あかり
あかり
でも、80円には50枚あるわね…両方足すと丁度100枚になるけど、この場合どうなるのかしら…
ゆりな
ゆりな
あらら、可愛そうに…部分決済を許可していなかったばっかりに、80円で100枚の取引が成立してしまったわ!
まけ太
まけ太
ってことは、90円で50枚買おうとしていたやつは10円得したってことだな。

業者によって微妙に違う

ちゅーとちゃ
ちゅーとちゃ
そうだね。90円に指値を置いていたトレーダーは得したね。でも、この辺がどうやって約定するかは証券会社によって異なるんだ。だから部分決済を許可していなくても平均85円で売り抜ける場合もある。
あかり
あかり
いずれにしろ100枚の注文が揃った時点、つまり今回の場合だと90円と80円に置かれている注文が同時に約定するってことね。

スリッページを設定(部分決済許可)

ゆりな
ゆりな
次のケースよ。今まで未設定にしていたスリッページを設定した場合。部分決済は許可にしておくわ。
ちゅーとちゃ
ちゅーとちゃ
じゃあ5に設定していた場合を考えようか。実際にはpips数なので500.0だけど、話を簡単にするためこれで。
あかり
あかり
5円しか滑ることを許可していないので、85円(90-5)より低いレートでの決済は許可しないってことね。
ひとみ
ひとみ
と言うことは、90円で50枚は決済されるけど、80円での決済は範囲外のため取引されずポジションは50枚残るってことね。

スリッページを設定(部分決済不許可)

まけ太
まけ太
取引は成立しないぞ。もう説明不要だよな。
設定の組み合わせによって決済されるレートが変わったり、ポジションが残ったりすることはご理解頂けたかと思います。

もう一度ここまでのまとめ

ゆりな
ゆりな
複雑になってきたように見えるけど、実はまとめると前回と同じになるわ。
あかり
あかり
前回のまとめと違うのは、設定したスリッページの値だけね。0が5になっただけ。

スリッページ未設定

  • 部分決済許可
  •  メリット:最速で全て決済される
     デメリット:少し滑る可能性
     ※この組み合わせは成行注文と同じになる

  • 部分決済不許可
  •  メリット:全て決済される
     デメリット:枚数が揃ってから決済するので少し遅い
     大きく滑る可能性

スリッページ5に設定

  • 部分決済許可
  •  メリット:滑らない
     デメリット:一部、又は全ポジションが決済されない可能性

  • 部分決済不許可
  •  メリット:滑らない
     デメリット:全ポジションが決済されない可能性
ひとみ
ひとみ
0と5の違いは、許容する範囲が狭いか広いかだけで本質は同じよ。【0は0pipsだけ滑ることを許容する(=許容しない)。5は5pipsだけ滑ることを許容する】ってこと。
次の記事

スリッページの設定ひとつで天国と地獄に分かれる。正確に理解していない人多過ぎ

タイトル通りです。適当に設定してる人が多過ぎ。「滑ってもいい値を入れとけばいいんでしょ?」程度にしか思っていない。手法ばかり追いかけて、大事なところが抜けている。稼ぐ方法は知っていても、稼いだおカネを守る方法は知らない。だから破産する。