遠見岬(とみさき)神社ひとり旅



2024年6月のお知らせ 『予想的中!ポンドドル超解説!〇〇の専門家になって誰も気付いてない優位性を見付けよう!』『抜けた先でレンジになると何故ありがたいのか?(魔術師編補足解説)』を配信しましたのでご確認お願いします。

旅トレーダーによるFX教材

FXで旅費を稼ぎながら全国を旅するトレーダーの手法

著作権について本ページの写真は著作物ですが、出典を明記することで許諾なくご利用することが出来ます。ご利用の際には本ページのURL、又はリンクを誰が見ても分かるよう明記してください。加工して利用する場合も同じです。著作権侵害にご注意ください。
【お花見】鵜原理想郷ひとり旅

の続き。

これは2023年3月30日の旅です


墨名市営駐車場
神社から徒歩7分のところにある無料駐車場です。お手洗いもあります。


神明鳥居


冨咲(とみさき)の石段
津波避難場所だけあって、そこそこ階段を上ります。


筆塚


これは珍しい鳥居ですね。笠木の両端が襷墨(たすきずみ)と呼ばれる斜め下に切り落とされる構造になっているので鹿島鳥居に飛び付きたくなりますが、額束があるので宗忠(むねただ)鳥居です。

宗忠とは黒住教の教祖黒住宗忠(くろずみむねただ:1780年12月21日1850年4月7日)のことで同名の神社(宗忠神社)が京都市左京区や岡山市北区に鎮座しております。

黒住教の祠…の筈ですが、何故かお稲荷さんが占拠しています。木札にも思いっきり稲荷大社商売繁昌と書かれています。


階段途中からの景色。勝浦湾です。


階段を上り終えると明神鳥居が見えます。入口は神明だったので統一はされてないんですね。


拝殿に到着。右のは神輿殿かな?


屋根は切妻と寄棟が合体した入母屋造ですね。


手水舎
水も柄杓もありませんでした。その代わりパイロンが。


誰もいないので空撮チャンス。まず屋根を観察します。拝殿、幣殿、本殿と繋がってますね。桜も少し残ってます。


更に上空へ。山が削られて神社だけが残った感じです。左側にはお墓があるので大きい屋根はお寺かな?


こちらは東側。赤い屋根の集合住宅はセレブラール勝浦で別荘や保養地として利用されてるようです。その左隣に勝浦ヒルトップホテル&レジデンスがあります。そのもっと向こう側に見えるのが網代湾(あじろわん)、岩和田海岸です。


勝浦漁港
海はいいなぁ~お魚食べたくなる。


手前が勝浦市場ですね。対岸のリアス式海岸も魅力的です。かつうら海中公園も見えてます。


地上に戻りまして拝殿を撮影


扁額


幣殿と本殿


本殿の屋根。木製パズルみたい。


更に奥があるみたいなので行ってみます。あれは靖国鳥居かな?


ちょっと振り返って本殿を撮影。


うん。靖国鳥居ですね。慰霊碑や忠魂碑があるのかな?


う~ん、何も書いてない。何を祀っているのか分かりません。ネットでは月読神社と説明されてる方が複数いますが…


次の旅へ行く

【お花見】八幡岬(はちまんみさき)公園ひとり旅



旅トレーダーによるFX教材

FXで旅費を稼ぎながら全国を旅するトレーダーの手法