ボラティリティを制す者は逆張りを制す 〇〇を利用してサクッと稼ぐ(専業FX手法シリーズ)



レンジには2種類ある これを知るだけで損切りがグッと減ります

【レンジ】と一括りにしていませんか?レンジには大きく分けて2種類あります。出現する場面、値動きの特徴…全く違います。これらを一緒くたにしていると往復ビンタを喰らいやすくなります。せっかく積み上げた利益を吐き出してしまうのは、それを知らないからかも知れません。

の続きです。

値動きの仕組み

マーケットは力学

ちゅーとちゃ
ちゅーとちゃ
買うことをロング、売ることをショートって言いますよね。何故だかご存知ですか?
あかり
あかり
元々株や商品で使われていた言葉で、価格が上昇するときには時間が掛かるので「ロング」。下落するときは早いので「ショート」と呼んでいます。
ひとみ
ひとみ
株は「買う」のが基本だからね。配当を受け取ったり。
ちゅーとちゃ
ちゅーとちゃ
そう。だからマーケットによっては買うことを基本としたトレーダーが多く参加しています。

欲と恐怖

ゆりな
ゆりな
保有していない物をこれから買うときには欲が支配しているわ。「儲けたい」と言う欲。
まけ太
まけ太
なるほど。だから値動きがスローなんだな。
ゆりな
ゆりな
逆に保有している物の価値が下がる時には恐怖が支配する。利益が減る恐怖、損失が広がる恐怖。
ひとみ
ひとみ
いわゆるパニック相場で投げている状態ね。だから速度が速い。

ブルとベア

youchien_bag_girl
こども
ブル相場、ベア相場とも言いまちゅよね。
まけ太
まけ太
よく知ってるな…
あかり
あかり
そうね。ブルは牛のことで、ゆっくりだけど力強く進んで行く。ベアは熊のことで、勢いよく腕を振り下ろす動作に比喩しているのよ。
boy
笑顔ニート
ウォール街に牛の銅像がありますよね。
まけ太
まけ太
チャージングブルのことだな。

ボラティリティの仕組み

相場にレンジが多い理由

ちゅーとちゃ
ちゅーとちゃ
そしてボラティリティにも似たような特徴があります。あかりちゃんよろしく。
あかり
あかり
拡大するときは早い(ショート)ですが、縮小するときには時間が掛かる(ロング)と言う特徴ですね。
ちゅーとちゃ
ちゅーとちゃ
分かりますよね?何度も目にしているハズです。
ゆりな
ゆりな
相場の7割はレンジだって言われる理由が分かったかしら?

爆発と鎮静

あかり
あかり
火山の様に、エネルギーがある程度溜まると噴火し、その後、時間を掛けて鎮静化する…
まけ太
まけ太
噴火している時間が鎮静化する時間より長かったらイヤだな。
ちゅーとちゃ
ちゅーとちゃ
その理由はエネルギーにあります。
ゆりな
ゆりな
世界に流通しているマネーには限りがあるからね。つまりエネルギーは有限ってこと。
ひとみ
ひとみ
いつまでも噴火し続けることは出来ないと言うことね。

相場も自然の一部

ちゅーとちゃ
ちゅーとちゃ
ある程度のエネルギーを消費したら、再び蓄積のフェーズに入る。
まけ太
まけ太
自然界の摂理だな。
ゆりな
ゆりな
マーケットも人間と言う動物による欲と恐怖の集大成だから、自然の法則に当てはまることが多いわ。
ひとみ
ひとみ
だから2種類あるレンジのうち、拡大するケースは捨て縮小していくケースのみで勝負していく…

ズルいですか?

ちゅーとちゃ
ちゅーとちゃ
実は既に解説してきた理由以外にも収束していくレンジのみで戦う理由があります。それは…
ゆりな
ゆりな
仮説が立てやすいからね。後出しじゃんけんって言えば分かるかしら。
あかり
あかり
「ボラが拡大していくレンジ」は言い換えれば乱高下です。「拡大していく」と表現しましたが、拡大したりしなかったりと気まぐれです。
ひとみ
ひとみ
「必ず拡大する」のであれば対応は簡単よね。でも、そうじゃないからタイミングが取り辛い。
ゆりな
ゆりな
一方、ボラが縮小していくレンジはエネルギーの放出を「確認した後」なので、タイミングが取りやすくターゲットも推測し易い。
まけ太
まけ太
なんか結構重要なことをサラッと言った気がするぞ。
ゆりな
ゆりな
講座の内容に比べたらこのぐらいの情報大したことないわ。

レンジでのエントリー補足

ゆりな
ゆりな
逆張り初級者に向けた内容だけど、疎かにしちゃダメよ。

上位足がトレンド

あかり
あかり
レンジでも、基本的にはトレンド方向にのみエントリーします。
あかり
あかり
この場合ですと、下落トレンドからレンジに入っているため、レンジ上限からのショートだけを狙うことになります。
ちゅーとちゃ
ちゅーとちゃ
トレンドは転換するより継続する可能性の方が高いからね。
Point 上達してくると下からの値動きも取れるようになります。

つまり「ドテン」と言うことなのですが、最初からそのような高度なテクニックに手を出すと必ず失敗します。
ひとみ
ひとみ
チャレンジするにしても、まずは基本である上限からのショートが取れるようになってからってことね。
ゆりな
ゆりな
勝てるようになるまでは上限付近にある丸でショートし下限付近の丸で決済…と言う感じね。

上位足もレンジ

あかり
あかり
上位足にトレンドが出ているときと異なるのは、ロング/ショート両方で勝負することが出来る点です。
ゆりな
ゆりな
但し、上位足の上下限いずれかに十分引き付けるのよ。
ちゅーとちゃ
ちゅーとちゃ
上位足のレンジ中腹でエントリーしてはいけません。

ダメな例

とうしろ
レンジ下限でちゃんと待ってたのに途中で上昇してしまった…
まけ太
まけ太
トレードあるあるだな。
とうしろ
利益を取り損ねた。分かっていたのに…悔しい…畜生…ブツブツ…
まけ太
まけ太
お、おい…おっさん?
とうしろ
あ、今度は上限まで近づいてきた…引き付けなきゃ…(イライラ)
まけ太
まけ太
なんか心拍数が上がってるぞ?
とうしろ
また途中で折り返すんじゃないだろうな(゚Д゚)!?悔しい思いをするのはもううんざりだ!え~い!もう入っちゃえ(・∀・)!

効率化したり歪んだりを繰り返しているだけ

ちゅーとちゃ
ちゅーとちゃ
レンジ中腹で勝てることもありますが、繰り返すとトータルで利益は残りにくくなります。
ゆりな
ゆりな
ポジションが最もバランスよく配置されている場所だから当然よね。
あかり
あかり
アナリストっぽく言うと、市場が効率化されている場所です。
ひとみ
ひとみ
ロングにもショートにも優位性は無く、エントリーは常に丁半博奕になると。
まけ太
まけ太
と言うことなので、長期足がレンジの時は上下限に引き付けて自分の持っている逆張り用の手法を使ってくれよな。
ゆりな
ゆりな
なに勝手に〆てるのよ…
次の記事

トレンド転換も種類は2つ 逆張りが面白いほど機能する相場環境

トレンド転換時はノイズやちゃぶつきが多いですよね。分かっているならそれを利用すればいいんです。ノイズを。ちゃぶつきを。トレンド転換は逆張りトレーダーのパラダイスです。